FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

土台用金物と天窓搬入

23日の養生シートの中、他の画像も紹介です。

天窓のVELUXが納品していました。
天窓納品

天窓がたくさんつく家なので、気密がしっかりしている窓を
推薦して頂きました。
VELUXなら、実績もあるし大丈夫だろうと言うことで、なかなか上等の窓です^^
ソーラーブラインドをリモコン操作して光量を調整します。


そして、金物がこちら。
アンカーボルトと固定

基礎の立ち上がりコンクリートから生えていた、アンカーボルトと
とめつけるための金具。

アンカーボルトは、基礎パッキン、土台を貫通させて柱の横に出るように
施工されています。

これを釘でとめつけた柱と固定する金物です。
金物拡大

短期許容耐力16.8kNがどういう能力なのか私にはわかりませんが
長期間に渡りしっかりと駆体と土台を支えるための部品。ということらしいです。

アンカーボルトが出ていない部分にはこういう金物も。
こういう金物もある

下に合板の小口が見えています。
高高住宅なんて、不自然で不健康だと言う方がおられます。

ネットサーフィンしていると、「匠の技」「本物の木の家」というフレーズと共に
伝統工法で建てる家の紹介に出会います。
駆体工事で金物や合板を使わずに、大工さんが現場で接合部分を凸凹に加工した木を
組みあわせて建てる、明治以前から行われている職人の技が光る家。

京都にいた時には、建てておられる所を目にしたり、そういう建物はあちこちで
みかけましたが、こちらに来てからは殆ど出会いません。

技術力も素晴らしいですし、文化を大切にする心も大切だと思いますが、
私のようなアレルギー体質には、昔ながらの風の通る家や、出入りの大工さんが
季節に応じてひずみを直してくれるような家では、安全に暮らすことが出来ません。

木は呼吸すると言われるように、温度や湿度で形状が変化します。
しっかり乾燥させた材でも、しっかり厚みのある材でも変化するのが当たり前。
ですから、高気密、高断熱で健康かつ安全に住おうとしている我が家には
合板や集成材を使用する工法が適していると考えました。

勿論、合板の糊についてアレルギーは出ないか?防蟻処理の薬剤はどうか?
耐久性は?など色々自分なりに調べて、北洲さんにお願いすることにしました。
何度も長いやり取りに忍耐強く付き合って下さったTDさんに感謝しています。


どちらの工法が良いのか私には分かりません。
家を建てる作業には、材料や参加する施工者の技術や理解力を含めて
本当に多くの要素が絡んできます。
この工法だから大丈夫とか、あの工法だから最高の家が建つなんてことは
あり得ないと思いますし、それぞれの工法で、その時代に住み心地の良い家が建つように
研究や開発、改善に向けた努力が続けられていて、これからも続くでしょう。


京都の古い家、RCのビルの家、昭和の建て売り住宅、ヘーベルハウスに海外の家etc...
色々な家に何度も引っ越してきて、ようやく建てた自分の家で住み心地をレポートしたいと思います。

お楽しみに♪

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


ありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

10 : 29 : 41 | 本体工事 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
<<本体水濡れのその後 | ホーム | 2×6の雨被害>>
コメント:
信じましょう!
かいどまりさんの判断は間違っていません。^-^営業担当のTDさんの言っていることは間違ってません!・・・大体は・・・^^;

住んでいて気持ちがいいですよ^-^木の家で高高住宅で・・・木の香りがして暖かい・・・^ー^

建築中の写真はとても楽しいです、自分の家のようにワクワクしてみてます。^ー^

だんだん間取りが分かってくるともっとワクワクしてきますので、楽しみです。^0^

現場監督のHMさんを十分にかわいがって・・・活躍させてあげてください。^^;
by: ネギロム * 2012/02/26 21:26 * URL [ 編集] | page top↑
確かにかわいいかも。
おっしゃる通り、だんだん間取りや姿が顕わになってきて
ワクワクします。
やっぱり、狭いなー><って思う場所もあるのですが。。
あまり贅沢も言ってられませんし、工夫して住いたいと思います。


> 現場監督のHMさんを十分にかわいがって・・・

ウフフ。HMさんもTDさんも、私たち夫婦よりもお若い方なので
弟の如くいじめたくなります(?)
しっかりプロ意識を持って対応して下さいますから、頼りにもしております^^
by: かいどまり * 2012/02/27 13:12 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://illuminatedletter.blog.fc2.com/tb.php/98-073c3607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。