FC2ブログ

換気システム1~クウキレイはベンティエール~

 クウキレイはダイキン製の家庭用ベンティエールを北洲ハウジング仕様にしたもの。
北洲仕様とは言え、特に何かを変更しているわけでは無いらしいので
ベンティエールについて、書いておこうと思います。
換気システムというタイトルで何回かに分けることになるかなー。


先ず、製品の特徴(?)としてパンフに書かれているのは
「閉めている時間が長いご家庭や留守がちな家庭に向いています。」

・・・熱交換24時間換気だから当たり前やん?と突っ込みたいのを我慢。

人の出入りが多くて、室内の空気が常に外気と混ざり合うような環境では
熱交換機の威力が発揮できないなんて、ちょっと想像すればわかります。

セールストーク的文章はサックリ読み飛ばして、数値やシステムについて
詳しく見て行くことにします。


家庭用ベンティエール

ベンティエール本体

ベンティエールの特徴の一つが、本体が床置き式ということ。
殆どのシステムは天井裏に置く仕様になっている中、フィルター交換を自分で簡単に出来るようにと床置き式になっています。
賛否両論あるようですが、拙宅ではメンテを考えて、天井裏よりも床置きの方が良いと思います。

ロフトを作ってそこに設置するとか、色々考えましたが、結局頻繁に通るところに設置することにしました。

エアコンのフィルター交換も忘れがちで、届かないから面倒になってエアコンを使うのを止めるような性質ですから、無理に遠いところに納めるのはやめておきます。

将来的には、もっとメンテに気を使わなくて良い壁付けのコンパクトな商品に期待します。


*MEMO*
唯一、inVENTerという商品が、ダクトレスの全熱交換で存在します。
インヴェンターは北海道でも採用出来るという魅力的な商品ですが、40坪に最低6台設置しないといけないという点で、拙宅では躊躇しました。
将来のリフォーム時には、このタイプが主流になっているのかどうか。
楽しみに覚えておこうと思います。
*メモここまで*
この床置きのためにはスペースが必要です。
一般的にはサニタリーに設置することが多いようです。
我が家の場合は、自宅部分とアトリエの合計2台設置で、一台は洗濯機の横に。
もう一台は、アトリエのシンク横に設置することにしました。
どちらも、水道に近い場所。
サイズは、こちらの図を描いてみました。
ベンティエール1
ベンティエールのフィルター交換については気になる点があるので、それは後述したいと思います。
電気給湯器や洗濯機の1m角くらいの床スペースが必要です。
このサイズが問題になるかどうかは、設計の腕次第^^v
ユニットの上からダクトが伸びるので、一般的には囲いを造作して隠すようですが拙宅では露出とします。
見た目に嫌になったら、囲いを考えることにします。
この図の中のダクトは4本。
それぞれに、アルファベットを記載しています。
どの換気システムにも記載がある呼称ですが、初めて資料を見る人には解説をつけるべきだと思います。
OA:Outdoor Air(外気=建物の外からユニットに取り込む空気)
SA:Supply Air(給気=機械を通して部屋に供給する空気)
RA:Return Air(環気=部屋からユニットに戻す空気=部屋の排気)
EA:Exhaust Air(排気=捨てる空気)

図面を前に会話するときには「ここのRAの位置は、変更可能ですか?」というような感じですが、その場にいる全員が誤解無く会話できているのかどうか、この名称の浸透性に疑問を感じているので、「この部屋からユニットに行く部分の・・・」と面倒くさい表現を使う癖がついています。

もしかすると、毎回面倒くさい言い方するなーって思われているのかも。
(周りの皆さんは関西人じゃ無いから指摘しない気がします(笑))
◆現在、ダイキンのサイトを見ると、家庭用ベンティエールが見当たりません。

家庭用は、カルテットplusという顕熱交換にエアコンを組み合わせたシステムが案内されており
業務用として天井埋め込み式のベンティエールが紹介されています。

この件について色々質問していますが、本日の時点では明確な回答が帰ってきていません。

後日ダイキンからの回答を受けて、よく理解したら改めて記事にしたいと思います^^


ダイキンの換気システムの関係者の方へ。

ご覧になったら是非ご教授下さい。



今日はここまで。
次回は、素子や本体の中身について書いてみようと思います。




FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

12 : 45 : 28 | 設備工事 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<換気システム2~全熱交換~ | ホーム | 現場での配置確認~地縄張り~>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://illuminatedletter.blog.fc2.com/tb.php/43-b348c904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪