FC2ブログ

換気について~換気設備を考える(1)~

 高気密住宅の性能を引き出すためには、換気計画がとても重要です。

24時間換気と聞けば、今借りている家のトイレの換気扇は年中つけっぱなしですが、
ちょっと意味が違います。

そのトイレから出て行く空気は、どこからどれだけ入ってきた空気なのかわかっていること。
計画した上でつけっぱなしなのか、とりあえず臭い対策でまわしたままになっているのか。
この差が家族のアレルギーに影響したり、光熱費に影響したりするわけです。

かいどまり宅では、北洲ハウジングオリジナルのクウキレイという設備を採用しています。
オリジナルって言っても、製造しているのはダイキンさんですが。

クウキレイはどういう設備か?
採用するにはいくつかの疑問を解決する必要がありました。

1)他の機種(ロスナイやベンティエール、ロスガードにインヴェンター、SA-SHE・・・)とは何が違うのか?
 それぞれの仕組みや能力、メンテ性とコストを比較する必要がありました。

2)計画機械換気ってどういうものなのか?
 昔は空気の入れ換えと言えば、ただ家族が出入りしたり、窓をあけるだけ。
 私の幼児の頃なんてトイレに換気扇さえ珍しかったのです。
 あの頃は網戸がブルーだったなー(笑

法律で義務づけられたから。とかじゃなく、具体的にどういう形で日々の暮らしにメリットがあるのか?
これが明確にならないと、換気に数百万円の予算なんてつけられません。
トイレの窓あけなんて、ゼロ円ですから。
・・・時代は変わったものです。
これに一体、どれだけの値打ちがあると言うのでしょう?

書籍やネットで見ていても、換気システムに関しては賛否両論、色んな意見があります。
パソコンを買う時に、ブランドPCかBTOか自作か迷って、あれこれ調べている時とよく似た感じ。
PC本体を家とすると、換気システムはグラフィックアクセラレータみたいな印象かな。

中身に興味の無い人は、それがドコ製でどれ位のスペックがあるの?とか
数値なんて意識さえしないけれど、関心がある人にとっては凄く重要な部分。
後で交換するにも、ちょっと面倒だったり制限があったりするという点も似ているかなと。
数値に囚われて、体感値やコストのバランス感覚を崩しがちなのも似ている気がします。


アレルギーが無くて、虫や花粉と共存出来る人には無駄な設備かも。
例えば、猫ちゃんを飼っていて、外から帰ってきた子と一緒に寝ても、平気な人。
その場合は、換気システムの予算はうんと減らして、その分他にまわせます。

一昔前なら、私が田舎の山奥で住むことは、自殺行為だったと思います。
今でも、私のことをよく知る友人、知人は信じられないと言っています。
高高住宅が普及したことで、強度のアレルギー体質でも田舎に住める時代が来た!
これは本当に有り難いことだと思います。


~高高住宅って何?と思った方に↓ 簡単な解説です~

魔法瓶やストローの例えが有名です。
魔法瓶は断熱性の比喩で、見た目に同じ壁でも、温度が壁の裏側に伝わるか、
向こう側とこっち側の温度を分けられるかが、断熱性。
熱を伝えない壁や窓、屋根の家なら、保温性が良くて燃費が良いという例。
ストローは、途中に穴をあけて吸うとジュースが飲めない=隙間の多い家では
換気システムを語っても意味が無い。隙間を無くして、高気密にしてこそ、
空気の流れをコントロール出来る。というような例えです。

その例えに反応して、「わしは、魔法瓶みたいな息苦しい家には住みたくない」とか
言ってる方がおられるそうですが、そんなもん誰も住みたくありません(笑
快適に過ごせるからこそ、需要が伸びているのです。

寒いときには家の中を暖めて、それが冷めにくい。
暑いときには、その反対。エアコンを切っても蒸し暑くならない。
野外の温度や湿度に影響されにくい暮らしが、高高住宅です。


~高高住宅の紹介はここまで^^~



かいどまりの家族にとって住み心地の良い家とは?
アトリエで制作するのに必要な環境は?と、色々な角度から
検討した結果が今回の選択です。

心地よさには個人差があると思いますから、その話はまた今度^^


我が家の場合は、北洲ハウジングのクウキレイです。
これはダイキンのベンティエールを基本ユニットにして、空調を組み込んだ
全館空調タイプの第一種全熱交換換気システムです。
一条工務店さんが、ロスガード90という商品名で同社のオリジナル仕様として
採用しておられる全熱交換機と基本は同じものです。

かいどまりとしては、どの職業でも、「うちのオリジナルの!」的な言い方は
あまり好きではありません。
自分がものづくりする立場なので、余計に違和感を感じるのかも知れませんが
そのメーカーで製造していると錯覚を起こすような紹介には良い印象が持てません。
(愚痴です。すみません)


この部品は○○社で製造、この部分は○○の工場で。と解説してくれて、
その製造会社を選択した理由をきちんと説明できる方が信頼できます。
TD氏は私のこの考えを理解して下さっているようで、回りくどい営業トークは
一切無いのですが、会社の方針としては、もう少し情報公開して欲しいと
感じています。
(消費者のニーズにあわせているのでしょうけれど)

移住を考え始めた頃は、RC外断熱の潜熱交換を考えていました。
ところが、あの立地ではRCに無理がありすぎること(生コン遠すぎ、
作り手すくな過ぎ、周りの理解なさ過ぎと三拍子揃ったので断念)
それで、木造に的を絞って計画を進めました。

潜熱交換と全熱交換の違いは、しくみもさることながら、家の造りと
住まい方、それ以外の設備のバランスが大切だろうと思います。
どちらかを強く推奨される方の話は、設備以外の部分で条件が決まっていました。
そうしないと明確な差を表現できない程度の違い。と解釈して、ビルダーさんが
その機器を用いて、どういう提案をして下さるか?という点から決定しました。

機械の製造元や換気システムを取り仕切って下さる企業としては、
製造への取り組み方や実績、メンテのネットワークなどを考えて、
換気システムはダイキンを採用したいというのが、当初からの希望。

今でも、エアカルテットplusとクウキレイの違いについて調査中ですが、
北洲さんに、元々換気システムの選択肢が無いのですから仕方ありません。
これは、どこのビルダーさんも同様で、エアコンを選ぶように換気システムも
選択できると良いのになーと思っています。

他所様では、マツミハウジングさんのSA-SHEの家は最後まで魅力的でした。
ダクト内のメンテや管理をきちんと考えて、施主に説明できるのはここだけ。
30社以上に問い合わせしましたが、ダクトレスのインヴェンターを別として
ダクト=見えない場所という意識が強いのか、本当に誰も何も言いません。
本当に、建てた人から問い合わせが無いのですか!?と何度も聞いてしまいました。

SA-SHEの家を建てて下さる工務店さんは、日立市の高萩建設様。
ここが最北端。いわき市でも建築して下さいます。
こちらも、随分悩みました。
栗の木をふんだんに使う工法には、社長のプライドと男気が感じられました。
でもSA-SHEなのに、薪ストーブ推奨。これが、我が家の考えと違ったと言う感じです。
換気システムと防蟻の方法、基礎断熱の3点ではここが一番魅力的でした。
マツミハウジングについては、横浜のモデルハウスにも伺い、勉強会にも参加しましたし、
高萩さんのお嬢様のご自宅も拝見しました。

後は、イザットハウス取り扱い店の、深谷木材工業(株)様。
こちらの深谷社長も、とても開拓精神が旺盛で、面白い方です。
イザットの枠にとらわれず、常にシステムの改善を目論んでおられます。
こちらの換気ユニットは、ローヤルさんの特大ユニットでした。
メンテがしやすいように小屋裏に工夫されていたのが印象的でした。

・・・選択って本当に難しいです。
今でも、最後まで迷った3社のいづれで建てても素晴らしい家が建っただろうと
思っています。
一番、私のテイストに合い、後日のメンテナンスや今回の震災のような大事件でも
迅速に業務が開始される企業力という点で、北洲さんを選択しました。
ですから、北洲さんに求める視点もこういう部分をふまえて、結構厳しい目で見ていると
思います。

なんだか、ビルダーさん紹介コラムみたいになってきました。
拙宅の換気システムの話に戻ります。


全熱交換の換気ユニットとして、関心を持っていたのは、一番がSA-SHE、
そして、ベンティエール、3つめがローヤル電機さんのでっかい熱交換機
(すみません、機種名忘れました)で、当初、北洲ハウジングさんでは
パナソニックの熱交換ユニットを採用しておられ、私自身はあまり好印象を
持っていませんでした(ごめんなさい)

その後、この春から(でしたっけ?)クウキレイが採用できることになり、
ダクトは選ばしてくれるのか?とか、配管するときに管の中に埃が
入り込むような意識の低い施工じゃ無いでしょうね?とか、アトリエと住居は
換気システムをわけてくれ。とか、それはそれは、色々と言いたい放題の私を
ハリセンでしばくことも無く、TD氏はうまくかわしている聞く耳を持った対応を
して下さっています^^

換気計画やそれに必要な設備機器については、まだまだ発展途上だと感じています。
以前、レストランを設計していた時にも「空調設計は、竹中くらいの大手じゃないと
出来る人間がいないし、需要も無い」と当時の現場監督が呟いていました。

あの頃は、シガーバーくらいにしか存在しなかった、「床から空調が出て
天井に向かって吸い込まれてゆく」形も、今では床下暖房という名称で
住宅設備に取り入れられているのですから、驚きます。
レストランで、隣のテーブルの臭いを遮断したくて、足下から空調を出してくれと
依頼して、あっさり断られたのが懐かしく思い出されます(笑


今年のビックサイトのジャパンホームショーでは、全熱交換の換気ユニットが
今まで人気だった顕熱交換にとりかわって、勢力拡大していたとか。
(かいどまりは、ギフトショーに出入りしていましたが、ホームショーなど
自分のカテゴリ以外の企画も凄く面白いです。おすすめです^^)

注目していたのは、inVENTerでしたが、使いたいなーと思っていた2年前よりも
随分知名度が上がった様子。
何と言っても、ダクトレスの安心感は他とは一線を画していると思います。
・・・どこかで試してみたいなー♪
小屋を建てたら、つけてみようかな?

かいどまりが、今回の建築プロジェクトでいわき市、日立市、高萩市の中で
問い合わせたり、相談したビルダーさんの中で、このインヴェンターをご存知だったのは、
いわきの豊田設計事務所さんだけでした。
最後まで依頼先を悩んだ3社のうちの3つめがこちらです。
豊田さんは床下暖房を推奨しておられる設計士さんで、大変聡明でスマートな方です。

自分の仕事に誇りを持っておられるので、かいどまりと意見の違う部分で
お互いに譲れないと判断したのです。
が、「いわき市近郊で、設計事務所さんに依頼して安心安全な断熱性をよく考えた、
ハウスメーカーでは建てられないような家」を提案して欲しいって思っておられる方には、
絶対おすすめです。
(お願いしなかった私が言うのもなんですが・・・^^; )

とにかく、今日ご紹介した3者とも換気システムのお話が、きちんと出来る
真摯に自分の建てる家に取り組んでおられる方々です。

・・・また脱線しちゃった。

そのかいどまり宅の換気システムですが、第一種と決めていました。
第三種方が利用者も多くて、リーズナブルですし、選択肢も多いのです。
それなのに!?の理由は次回の記事にて。

ちょっと出かけてきます~

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

14 : 40 : 00 | 設備工事 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
<<換気について~換気設備を考える(2)~ | ホーム | ドアのこと~玄関ドコ?な家~>>
コメント:
熱い思い!
なるほど・・・深く納得するブログ内容です。これほど換気システムだけで深いとは驚きです。

これだけ検討して北洲にしたわけですから、営業のTDさんや、現場監督担当の方には、熱い思いを持って建築に携わって頂きたいものです。

郡山支店始まって以来の、論理的具体的北洲モデルハウス、といったところでしょうか。^^;北洲の売り上げ貢献度アップでしょう!^-^

北洲関係者(営業・設計・現場監督)と「かいどまりさんのブログ見てから家を建てるべきだ。」と、今正に建てている我が家の現場で確認立会いをしながら、話し合っていました。^^;

我が家は建てるのが早すぎた、と言う結論になりました。(^0^)
by: ネギロム * 2011/10/28 23:44 * URL [ 編集] | page top↑
>ネギロムさん
深いなんてとんでもない。
知識が中途半端でお恥ずかしい限りですが、これから建てる方にはちょっとしたキーワードになるかな?
という程度ですが、自分への防備録として記述しています。


> 郡山支店始まって以来の、論理的具体的北洲モデルハウス、といったところでしょうか。^^;北洲の売り上げ貢献度アップでしょう!^-^

だと嬉しいですが、建つまで数値や体感値がわからないのでドキドキです。
ネギロムさんの目標にされているC値!見習いたいです^^


> 我が家は建てるのが早すぎた、と言う結論に

いやいや、いつも素敵~♪と目をハートにしてブログ拝見しています。
焼き肉のはなし、思わず前回の打ち合わせで、話題にしちゃいました^^;
by: かいどまり * 2011/10/29 10:04 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://illuminatedletter.blog.fc2.com/tb.php/32-afc41e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪