FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

WEB内覧会【キッチン1】

今回は、特に女性に人気?の【キッチン】です。
キッチンは工夫ポイント、失敗ポイント色々豊富な場所なので
何回かにわけてレポートしたいと思います。

先ずは全体の雰囲気から。
kitchen全景

DLKは天井を高く抜いて、天窓+サイドにも窓を設けることで
明るいキッチンを実現出来ました。
夜になるまで殆ど電気をつけることがありません。

基本色をホワイトにしているのは、好みもありますが
カビや汚れを目立たせるためです。
料理を作るということは、食べ手の命を預かると言うこと。
汚れが目立つように、又、掃除する際の凹凸を少なくするように
計画しました。


I型壁付けスタイルにキッチンカウンターを設置。
I型は、京都に居た頃からの我が家の定番で
アイランドや対面キッチンなどを経験してきて
家庭で最も使い勝手が良いのはI型というのが私の結論です。

スペース次第ではL型も使い易いのですが、
角部分の収納内の掃除がしずらく、角部分を有効利用するのが
意外に難しい(私は片付けが苦手)と言う経験からI型一筋です^^


キッチンユニットはTOYOキッチンのBAY
このブログでも何度も紹介しているお気に入りブランドです。

kitchenユニット

ユニットに奥行きがあるので、横幅が狭く見えますが、
カウンターに5名余裕で座れる長さがあり、実際に立ってみると
広さは十分で動きやすいです。

このユニットのポイントとなる、AirFlowの足元と
作業台奥行き75cm
は必須条件でした。


衛生面において、湿気がこもらずキッチンの下部に空気が通って
日常的に掃除が出来る仕様は重要ポイント。

ただし、キッチンの下が浮いている=掃除をしなければならない
これが他のブランドでは採用されない(人気が出ない)理由かも。
キッチンの足元って野菜くずや粉もの、パンくず、埃に水・・・
毎日色々落ちますから、ユニット下が空いているとそこに入り込みます。
これを面倒と感じる場合、AirFlowは選択しない方が良いと思います。


アイランドタイプなら下部の掃除はとても簡単ですが
我が家のような壁付けの場合には工夫が必要です。

キッチンとカウンターの距離が近すぎると掃除がし辛いという欠点になるため
掃除をするために必要な幅を予め設計しました。
これ結構重要です。

「通常はこれくらいですよ」との担当社のアドバイスだけで決めず、
自分で使用する動作と掃除する場合の道具を手にした状態で
シミュレートをして必要なスペースを確保すると失敗がありません。

無理に体を捻って掃除するような箇所を作ってしまうと
後々体を痛めるか、触りたくない汚れエリアが出来ちゃうからです。

現在、我が家のキッチンでは、普段は掃除機とハンディモップ、
2週間に一度くらいの頻度でスチームという具合。
スチームだと排水口のヌメリも洗剤無しでつるるん♪です。

2ヶ月半使用しての床の状態はこんな感じ。

kitchena足元


良くない部分は、この奥に見える配管。
見た目にすっきりとこのようなシルバーのカバーが取り付けてあるのですが
このカバーの隙間の埃がとりにくい><

勿論、足元が解放出来ないキッチンだとリフォーム時に
ユニットを外した床は大変汚れているので、
それと比較すればかなり清潔には保てるのですが
出来れば各配管を一つの枠で囲うような仕様のほうが
お掃除は簡単だったと思います。

高さは15センチ。
手が届かない(=腕が短い)私にはちょっと厳しい部分ですが
手の長いご主人がおられる家庭なら問題ないかもです^^

例えば、壁付けにする場合には排水管を手の届く前面にまとめるなど
収納に犠牲を払ってもメンテに重点を置ける選択肢(オプション)を
用意してもらえると嬉しいかもです。

そしてAirFlowでも塞がってしまうのが、食洗機の足元。
小さめの食洗機を選択すれば浮いた状態に設置可能ですが
海外製の大型だと床に置くように設置するので、足元にはカバーがつきます。
これは3本の足を隠すためのステンの枠が置かれているだけなので
掃除したい場合には、簡単にひっぱり出せます。

食洗機の足元


現在、この食洗機に蒸気漏れのトラブル発生中でして
エレクトロラックスジャパンの方が対応して下さっています。
そのレポートは後日又^^


◆キッチンの間取り(サイズ)について

キッチンユニット奥行き=750mm
立ち位置奥行き=1100mm
キッチンカウンター奥行き=800mm
奥行き合計は約2550mm(椅子を含めて大体3メートル)
幅を約3400mmとりましたので、キッチン面積は約8.67㎡(約5.3畳)

必要な作業があまり移動せずに出来て、
安全で効率が良いです。


キッチンの横に設置したキッチン用ドア(勝手口?)を隔てて
パントリーを設けました。
大体キッチンと同じくらいのサイズの食品収納庫には
冷蔵庫1台、ワインセラー2台を並べて向い側にホームエレクターの棚。
食品ストックやホットプレートなどの大きな調理器具の収納場所です。

パントリー


今後の課題は、分別ゴミをここにどう設置するか。
目下、暫定的に取り敢えず置いてあるので、見た目も使い勝手も
まだまだ改善が必要です。


自分自信が最も使い勝手が良いキッチンとして設計し
老後を考えて、必要なものは高所に収納する必要が無い工夫もしました。


次回からは、更に細かな点や換気扇、カウンター、IHヒーターなども
レポートしたいと思います^^



FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

12 : 57 : 19 | キッチン | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
<<WEB内覧会【キッチン2】 | ホーム | WEB内覧会【サニタリー2】>>
コメント:
バーについて!!
ピーラーや鍋のふたが、壁に良い感じになっていますが、どこのバーをおつかいですか??

また、ふきん掛けもいいところにありますが、どこのものでしょうか??
教えて欲しいです☆
by: みのむしmama * 2012/12/04 15:36 * URL [ 編集] | page top↑
<みのむしmama様
はじめまして♪
褒めて下さってありがとうございます。

鍋の蓋は、マジックロックというシリーズのタオル掛けを使っています。
マグネット式のものを採用予定で、キッチンパネルはホーローを採用してあり
どこにでもマグネットがつくのですが、重すぎると滑り落ちてくるので
今のところ、吸盤のこちらの商品で落ち着いています。
色々ためしましたが、マジックロックが最強でした^^
こちらで購入可能です。
http://item.rakuten.co.jp/smile-hg/4965337015775/
お料理中に鍋のフタをちょっと置きたい時にも便利ですよー

又、ピーラー類はちょこっと右へ60°シリーズです。
http://item.rakuten.co.jp/smile-hg/4953759101190/
フックの増減が出来るのが良い点。
ちょっと重いと簡単に外れちゃうのが難点。

もし、マグネットがつくなら、これもおすすめですよー^^
http://item.rakuten.co.jp/genky/4941860090663v276/
耐荷重、デザインなどから類似商品の中では一押しです。
(しかも、とってもお安いのですー)

ふきんは、ワイングラスをかけるためのものに布巾をかけているのですが
ホームセンターで購入しました。
ごめんなさい。名称不明ですm(__)m

ちなみに、マジックロックはトイレブラシホルダーにも採用しています。
こちらの記事に画像を貼ってあります。
http://illuminatedletter.blog.fc2.com/blog-date-20121126.html

どちらも吸盤本体はくっつけたまま、フタ(吸盤にかぶせる銀色の部分)を
外すことができるので、お掃除も便利です。

お役に立てれば幸いです☆
by: かいどまり * 2012/12/04 23:28 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://illuminatedletter.blog.fc2.com/tb.php/173-81eb0ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。