FC2ブログ

サニタリーのコーキング

7月10日になってようやくコーキング屋さんが
来て下さいました。

引き渡し後も新しい家に住むことが出来ない状態だったことは
記事にしてきた通りですが、住めなくても引き渡してもらえれば
手を加えたり掃除したり出来ますから、自分の家として実感できます。

6月末日に今までの仮住まいを大家さんに返却してから
色々と見えてきた改善点の一つがコーキング。

予定していた箇所を取りやめたり、新しく追加したり。
用意しておいた図で確認して頂きました。

やっとコーキング来ました

こちらは、最もコーキング部分が多いゲストルームの一角。
エコカラットは、プレシャスモザイクのホワイトを全面に貼っています。
中途半端なサイズにカット出来ない、サイコロ状のタイルなので
隙間が大きく出来てしまう部分もあり、エコカラット専用の目地剤で隙間を埋めます。
そう。前回、北洲さんが色を間違えたためにコーキング屋さんが
何も出来ずに帰ってしまうと言うトラブルのあった場所です。

コーキングを打ってもらい、やっと使用出来るようになります。
今までは、下地の石膏ボードが剥き出しの部分が多くて
水を使うことが出来ませんでしたから、待望のコーキングと言うわけです。

リクシル銀座の営業さん曰く、パネル貼りは採用があっても
サニタリー全部このタイルを選ぶ方はおられないそう。
明るくて上品な空間に仕上がりました。
そして、INAXの洗面台。
まるでリクシルショールームです(笑

ミラーに映っているのは、向い側に設置したシャワーユニットですが
まだ片付いた画像が無いので、近いうちに生活している状態を
撮影したいと思います^^

今回のポイントは、便器の前面のみに打ってもらったコーキング。
便器のコーキング

周りに飛散することを防ぐために、我が家では男子も座って用を足すという
決まりがあるのですが、そこは形状の差(?)

・・・便器と便座の隙間から外にオシッコが出ちゃうことがあるのです。

知らない方も多いようですが、これに悩む主婦も多いらしく
専用の隙間シートや床に貼るタイプの防汚シートが販売されています。

可愛らしいプリントの製品が多いのですが、我が家のイメージにはあわず
シンプルでメンテ性を重視したもの。。と考えていたらコーキングを思いつきました。

最近は、トイレの床に水を流す仕様にしない家庭が多いので
便器と床の間を全てコーキングで塞いでしまうと、万が一の水漏れの時に
気づくのが遅れるために、コーキングはタブーとされているそうです。

そこで、水漏れが発見できるように便器の後ろ側半分にはコーキングは打たず
汚れが便器と床の間に入り込む前面のみコーキングで塞ぐことにしました。

コーキング自体がゴムのような樹脂素材ですから、これに埃が付着するという
デメリットもあるのですが、水を含ませたスポンジで軽く拭うと綺麗になります。
何より見た目すっきり♪でしょ?

今のところ、メンテ性は完璧です。
一年後にどうだったか、改善点は無いか、忘れずレポートしたいと思います。
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

12 : 02 : 20 | サニタリー | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<ゲストルームレイアウト中 | ホーム | デザリングでネット再開>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://illuminatedletter.blog.fc2.com/tb.php/163-e84b65bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪