FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

孵化完了~預かった鶏の卵は可愛いヒヨコになりました~

ウィンターガーデンの施工問題や浄化槽が計画していた位置に設置出来ない事件など、
自宅建築の様々なトラブルの中で、喘いでいる日々ですが
何故か預かってしまった受精卵の孵化に成功しました^^

助けなければ失われる命を前にすると、現場トラブルそっちのけで
お世話に夢中になってしまいます。
いわゆる、母性本能と言うものでしょうか。
一羽目が孵化した後、観察しながら育雛箱の準備を進めました。

新たに2羽。これから生まれる卵に寄り添う傾向があるようです。
5月28日孵化続行

孵ったばかりのヒナは殆ど眠って過ごしますが、
卵の中からピーピー聞こえると、共鳴するようです。
突然騒いだり、眠ったり。どの動物も赤ちゃんは皆一緒。

羽が乾くと、育雛箱に移動させます。
5月28日夕方

4羽でウトウト。

生まれたばかりヒヨコは、卵黄の栄養を蓄えているため
生後1~2日は水も餌も必要無い状態で命を保ちます。
その間に、水を飲むことや餌をついばむことを教えます。

この子達は、生後10時間くらいで餌をつつき始めたように思います。
(正確に計っているわけではありません)

母鶏の体温は、40度前後。卵や生まれたばかりのヒナたちは
母鶏のお腹の下で過ごしますが、その温度は37~38度くらいだそうです。
自然の環境に近い温度と湿度をキープして育てます。
特に孵化初期の数日間は温度、湿度管理がとっても重要。
どんなに丈夫に生まれてきても、温度が下がると命を落とします。

孵化の設定が37.5度。生まれて暫くは同じ温度設定です。

3日目辺り、全員揃って餌をついばむのを確認してから
徐々に温度を下げて行きます。(1~2日で1度下げる)

各個体の様子を観察して、弱っている子はいないか判別するために
それぞれ名前をつけました。
多分、私にしか見分けがつかないでしょう(笑
孵化完了

12個の卵から11羽孵化。
最後の一個は多分中止卵(受精卵だけれども途中で駄目になった卵)かな。
殻を割る間に力尽きてしまう子もいます。

ちょっと元気の無い子が2羽いるので注意して観察しています。
あまり過保護にすると、依頼主さんにお返しした時に
環境適応出来ないといけませんから、自然に近い状態で飼育するよう心がけます。

今後食べることになる、くず米を預かって炒りおからや米ぬか、
様子を見て若菜(雑草)や生餌(魚釣りで使うような虫。怖いけど頑張って外でとってくる)も
与えます。

足元の敷藁は、セトちゃんの冬のご飯だったのですが、
ヒヨコたちのためにちょこっと分けました^^

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

10 : 46 : 49 | ファーム | トラックバック:(1) | コメント:(0) | page top↑
<<足場撤去、内装進行中 | ホーム | テラスは結露、動物たちは春~慌ただしい日々~>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://illuminatedletter.blog.fc2.com/tb.php/147-5e30b6ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ウィンターガーデンの施工問題や浄化槽が計画していた位置に設置出来ない事件など、自宅建築の様々なトラブルの中で、喘いでいる日々ですが何故か預かってしまった受精卵の孵化に成... まとめwoネタ速neo[2012/05/29 23:11]
| ホーム |

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。