FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

珪藻土壁~ケンコート施工~

今日も朝から3日目の左官作業でした。

ケンコートは石膏ボードの会社の製品だけあって
ボードとの相性がとっても良いです。
珪藻土壁というよりは、石膏に珪藻土を混ぜた壁。

自分でやってみたいという方のために、今日は手順を
メモ代わりに記述してみますね^^

~ケンコート施工手順~

下地は通常の木造の内壁と同じ石膏ボードを貼ります。
合板などはアクが出て表面の色に影響する場合があるので
アク止めを塗るか、石膏ボードに変更します。

次に、石膏ボードのジョイント部分や出隅、入り隅などの
繋ぎ目に寒冷紗を貼ります

ホームセンターに売っているロール状のもので良いです。

20120524_13.jpg

巾木や見切りなどはみ出ると困る部分にマスキングテープを
貼って養生します。
20120524_11.jpg

ケンコートは3~5mm厚さに塗りますが、マスキングテープを剥がした後
コテで端を押さえるので、2mmと少しくらい隙間を空けて
テープを貼ります。
あまり細かい部分を気にしない方は、5mmくらい空けてもOK。
相手が黒っぽい色の時だけは、乾燥してから白い擦ったような後が
消えにくいので、養生は慎重に。

画像のように、コーナーはテープを切らずに曲げて貼る
養生を剥がすときに綺麗に剥がれます。

左官用の下地は、乾いてからジョイント部分が見えないように
綺麗に下地を作るのが最も難しいのですが、ケンコートはこれ自体を
下地にすることが出来て、直ぐに塗っても乾燥後に殆ど影響が出ないと言う
スグレモノ。
初心者向きの素材と言えると思います。

画像からも分かるように、ジョイント部以外の木ネジの凹みは
そのままにして左官開始
出来ます。
壁紙や漆喰だとこのネジ頭の凹みをパテで平滑にしてからじゃないと
表面に影響が出るのですが、ケンコートは大丈夫なのだそうです。

床には必ず養生しておきましょう^^
落としたら踏んづけて、そこら中に左官材がくっつきますから。


後は、粉末のケンコートに水を加えてケーキの生地くらいの
堅さに練る
だけです。
シュークリームの生地だと硬すぎです。
生クリームだと7分立てくらいのイメージ。
コテ台に乗せて傾けるとゆっくり流れてくるくらいです。

これをコテにとって、壁に塗り、乾く前にマスキングテープを剥がして
剥がした部分を押さえます。
(押さえなくても取れないと思いますが、剥がす際に少し浮くので
押さえる方が振動などにも強い仕上がりになると思います)

お好みで、おはじきや好みの石を埋め込んだり、家族の手形をつけて
楽しむことも出来ます。

手形を付ける時には、少し乾き始めて締まるのを待つ方が良いと思います。
柔らかい時だと、手を外すときにケンコートが引っ張られて、角が立つからです。

塗ってから一時間で固まります
予め水練りしてから養生を始めると、間に合いませんから、必ず下地を済ませて
塗れる状態になってから水をあわせます。

翌日には殆どカチカチ。壁側に若干の水分が残っている状態ですから
あまり擦ったりしないで完全乾燥を待ちましょう。

漆喰だと厚塗りが剥離の原因になったりするのですが、
ケンコートは結構な厚みに塗るための材料のようですから
壁に表情をつける時にはバッチリです。

下地のケンコートに混ぜるための硬化剤(ボンドのようなもの)が
同じメーカーから出ており、少し混ぜて寒冷紗に塗ることを推奨されています。


如何でしょうか?
簡単に楽しくコテムラの塗り壁作り。
リフォームでも採用しやすいと思います。

ちなみに、入り口に設けた小さなニッチは、上部の奥が一段階高くなっていて
ダウンライトが仕込んであります。

こういう場所は、私が塗ると素手じゃ無いとコテの取り回しが出来ません。
素手塗りも面白いのですが、今回は他とのテイストを揃えるために
先生(左官屋さん)に塗って頂きました。

内側は全く見えないので手鏡で歯の裏を見るように確認しながら作業します。
ちっちゃなコテを使って届くギリギリまで入り隅を押さえているところに
プロの仕事を感じました。
鏡を差し込まないと見えないので、画像に残しておこうと思います^^
ニッチの中3
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 20 : 55 | 本体工事 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<ウィンターガーデン施工開始 | ホーム | 現場で木の塗装>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://illuminatedletter.blog.fc2.com/tb.php/143-b1ea6fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。