FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

情報過疎~携帯だけは辛うじて使えます~

暫く更新していなかった間に、ちょっとした変化がありました。
現場監督のHMさんに苦言を呈するメールを送信し、
上司のGTさんからGW中に謝罪の電話を頂戴しました。
その後、改めてきちんと工程表を出して現場を仕切り直します。と言って頂きました。



まだ工程表が出ないので、悶々としていて更新する文章に悩んでいる;;

という状況ですが、工事自体は月曜日から再開する予定らしいので、
ここまでの進行を明日にはアップ出来る予定です。

床も貼り終わり、造作家具も進んで、また一段階完成に近づいた画像を
ご紹介出来る予定です。

後は外壁のアルセコ工事、内装の佐官工事、水回りの設備設置にキッチン設置etc...
まだ結構ありますね。
今月中引き渡しの約束ですが、本当に大丈夫なんでしょうか?


前置きが随分長くなりました。

本日のネタは、インターネット事情のお話です。

昨年の10月30日の記事で、今から家を建てるこの場所で
ネットオンジの生活を目指すという話を書きました。

「アルプスの少女ハイジ」に出てくるおじいさん(オンジ)のように、
人里離れた山の家で動物たちと自然を相手に、出来るだけ自分の手で
暮らしに必要なことを賄って・・・という暮らし方を目指すけれども
情報だけは、ネットを使って情報過疎の状態にはならないように。という
ネットオンジ(我が家の造語です)を目指していました。

ところが、現場は辛うじてdocomoの携帯が使えるだけで、
インターネットは絶望的であることが判明。
地デジも入りませんが、これはBSアンテナを使って主要なチャンネルのみ
(ローカル局以外)は手続きすれば視聴できることが分かっています。

ネットは、いわき市が国の補助を受けて促進してきた、情報過疎ゼロ政策(?)が
ありましたが、実際には遅すぎて使えないリーチDSLが導入されたものの
役に立たないから皆が契約しない(過去に契約した人も解約した)という現実。

田舎だけに土地が広いので、市街地に近いエリアならまだ使えるらしく、
その実績を持って、お役所的には「やるべきことはやった」と言うことらしいです。

私たちの住む山間部の限界集落はそもそも高齢者ばかり。
インターネットってなんだべ?と言う方が殆どだから、クレームにもならない。
「速度は出ませんから、高いお金を支払ってリーチDSLに加入するのはお勧めできません。」
と言うのはそれを提供しているプロバイダさんの弁。

「加入して欲しいのは山々ですが、実測はOSの更新プログラムさえ満足に落とせない速さです。
言いにくいですが、ダイヤルアップの方がまだ納得出来るかと。」とのことでした(涙


この現状を理解しているのか?といわき市役所の情報促進課に問い合わせてみた所、
「速度は個人の感覚によるものです。」
使えるか使えないかは、あくまでも導入した個人の感想だから、市としては
情報過疎を無くす取り組みとして、十分な対応をしたと認識しており、今後
該当エリアのインターネット環境を改善するような計画は全く無ありません
とのこと。

いかにもお役所仕事って感じの回答を頂戴しました。

税金返せ!と言いたいところですが、今に始まったことでは無いので
言うだけ無駄でしょう。仕方有りません。


それでも、先日までは、転居後には一度は月5000円もするその遅いネットを
契約しようと考えていました。

そして、状況をビデオ撮影して、情報促進課の方に見て頂き、
「ね?市役所のサイトさえ閲覧出来ないでしょう?
用意されているPDFだって落とせないんですよ?」
と使えない状態を理解してもらうつもりでいました。

ところが、先日村の春祭りに地元の議員さんが来ておられ、原発事故による
放射能について「自然界にも放射能ははじめからあるんです。だから全然心配いらない」
とさも自然放射線の存在を一般人は知らないだろうと言うような発言をしておられ
皆さん深く頷いておられました。
(田舎では議員先生、学校の先生の発言は正座で素直に聞くのが一般的です。)
「あ~。こんな情報過疎の村でネットなんて次世代の話しだよ;;」と
すっかりやる気を無くしたのでした。


こんな人たちと通じもしないブロードバンドの話しなんてしているよりも
携帯のデザリングでどれ位望めるか?とか、出先で更新プログラムをDLして
手動更新するように必要なプログラムをまとめる方法を調べておこうとか
当面はそっちの方向で頑張ることにしました。


それにしても、村の学校まではNTTの光ケーブルが来ているのですから、
こういう過疎地では全国の小中学校に施工されている光ケーブルを
地元の集落でも使えるようにすれば良いのに。
(この部分は、何故使えないのかよく分かりません。)

わざわざ、使えない設備を別途経費をかけて施工して、結果無駄にしているなんて
勿体ないことです。


FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

01 : 57 : 53 | 土地のこと | トラックバック:(1) | コメント:(0) | page top↑
<<フローリングとキッチンカウンターは養生してあります | ホーム | キッチンカウンター~造作家具~>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://illuminatedletter.blog.fc2.com/tb.php/134-c82ec426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
暫く更新していなかった間に、ちょっとした変化がありました。現場監督のHMさんに苦言を呈するメールを送信し、上司のGTさんからGW中に謝罪の電話を頂戴しました。その後、改めてきち... まとめwoネタ速neo[2012/05/12 02:03]
| ホーム |

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。