FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

集会所の線量計~空間線量をリアルタイムで見られる設備~

最近、ふと気づくと集会所に線量計が設置されていました。

線量計

現在、空間の放射線量は、0.139μgy/h(マイクログレイ)と表示されています。
(この場合、グレイ=シーベルトを見て良い)
この周辺を計測すると、最近の平均値は0.2弱で落ち着いています。

ここに設置されたお陰で、自分の線量計の誤差確認に役場まで出掛けて行く手間が
省けるようになりました。

それにしても、放射線量を確かめながら暮す日が来るとは思っていませんでした。
原子力で発電している国に住んでいるという自覚が希薄だったかも知れません。

0.2μsv/h。この数値を高いとみるか、安全とみるか。
各方面で見解は異なりますが、水から検出されず、食品のベクレル値が
低い状態なら安全だと言えると思います。
行政の指導では、この数値なら全く心配いらないと言う数値らしいですが
それは信じられないので、あちこちの研究者の方々のサイトや書籍を読みあさり
判断しています。

実際、線量を目視しながら暮すのはあまり気分の良いものでは無いのですが、
無いモノとして暮すよりも、遙かに安心感があります。

今、家を建てている間は茨城県の借家にいますが、これよりは少し低い数値とは言え、
茨城県北と福島県南では、ほぼ同じ数値を示しているエリアが広範囲に存在しています。

それなのに、茨城県ではこういう取り組みが積極的では無いので、
むしろ福島県の方が安心出来ると言えるかも。

。。どちらにせよ、原発の事故後の処理が終わっていないので
安心などは出来ないのですが、一体いつになったら収束してくれるのでしょう。

食品に含まれる放射線量のベクレル値を人体に対するシーベルトに換算してくれる
数式を置いて下さっている方があります。
(ここでは3箇所紹介しておきます。)
http://testpage.jp/m/tool/bq_sv.php?guid=ON
http://www.mikage.to/radiation/internal_exposure.html
http://panflute.p.u-tokyo.ac.jp/~kyo/dose/

こうやって情報交換できるのは、ネット社会のお陰ですが
この村、ネットは携帯からしか使えない情報過疎の村です(泣
その携帯もどこでも使えるということでは無く...



私たちは、ここに住いながら、こうして原発事故のことを時々話題にすることで、
東電や行政の過失を忘れず、最後の処理を確認出来るまで、うやむやにさせてはいけないと思います。

起こってしまった事ですから「原発事故さえなければ」と言って悔やんでいる暇はありません。
誰かがなんとかしてくれる。と他力本願な考えでは、又同じような事故や失敗は起こるでしょう。

よく理解できない部分があったとしても、一人一人が面倒がらずに
しっかりよく考えることが大切なように思います。


今建てている、自宅の中の線量はどれ位になるのかしら?
現在、構造の段階で計測すると0.07μsv/h位です。
これは、周りの土を造成して削ったところに建てている成果と思われますが
完成したら、もう少し下がることを期待しています。
私たちには今でも十分な値だとしても、将来息子が孫を連れてきてくれるかも知れないと思うと
その時に暮している環境よりも子供にとって望ましい環境を準備しておきたいですから。

まだまだずっと先のことですけれど。
その時には、原発はどのように地球上に存在しているのかしら。

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


ありがとうございます♪




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

02 : 03 : 30 | 原発事故の影響 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
<<屋根工事~下地の次は屋根材を乗せる~ | ホーム | 双子ちゃんが一人っ子になっちゃった>>
コメント:
繊細
コメントが難しいですね。^^;

その現場に立っている人、そこに住んでいる人の判断が全てだと思います。

我が家の以前住んでいたマンションの家族は、去年の3月には母と子供はかいどまりさんとは逆に実家の京都に引っ越し、父は単身赴任になりました。

これも賢明な行動なのかもしれません。

日本人は幾多の困難も乗り越えて来た民族です。必ず方法を考えることが出来ると信じたいものです。

by: ネギロム * 2012/03/20 22:07 * URL [ 編集] | page top↑
Re: 繊細
> コメントが難しいですね。^^;

そうですよね。

色々な判断があって当然と思います。又、
被災者同士の行動よりも、目を向けるべき相手や解決すべき根本的な問題から
意識をそらさずに暮して行ければと考えています。

少なくとも私たちは元気で明るく暮らせていますから
有り難いことだと思います。
by: かいどまり * 2012/03/21 20:23 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://illuminatedletter.blog.fc2.com/tb.php/111-98205af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。