FC2ブログ

WEB内覧会【ランドリー】

公開するのには、結構勇気の要るランドリー(洗濯室)です^^;

我が家のランドリーの特徴は

1)ウォークインクローゼットを兼ねた洗濯室

 →干してから収納まで竿の左から右に移すだけのズボラ仕様

2)洗濯機は仕事場と自宅の中間地点

 →洗濯機終了を忘れて臭くならないように、通り道に設置

3)天窓から太陽光も取り入れ可能

 →アレルギーで外に干すことが出来ないので室内干しの効率を追及

4)洗濯物の繊維埃をリビングに持ち込まない
 
 →熱交換のダクトシステムで空気の流れをランドリーに向かわせる

以上の4点に配慮して設計しました。

先ずはアトリエから自宅への扉を開けると
手前に洗濯機、奥にランドリーがチラ見えしています。
ランドリー1
洗濯機の向こう側に見えるのがダイキンのベンティエール。
北洲ハウジングではクウキレイという名称にして採用しています。

縦に二つ並んだリモコンは、アトリエと自宅部分の
ビルトインエアコン。全館空調のためのリモコンです。

では先に進みましょう。
ランドリー2

手前(左側)の洗濯機に近い竿に洗った洗濯物を干し
乾いたら、ハンガーに吊したまま収納先である、
奥側の埃除けカーテンをかけてある方にスライドさせます。

WEB内覧会では、実際に住んでいる様子をお伝えしようと
多少の恥を忍んで撮影していますが、流石に洗濯物自体は
ボカしてお伝えします^^;
そこははっきり見せなくても使い勝手は想像出来るだろうと言うことで。

左手前に映っているアイロンセットもパチリ☆

ランドリー3

完全に乾く前にアイロンをかけたい衣類や
お出かけ前にアイロン等々、常に手軽に立ち姿勢で使います。

長いドレスやシーツ類も物干し竿にかけたままで
端から皺を伸ばせるので、アイロンが苦手な私でも大丈夫^^v


我が家のランドリーの特徴の項目中、
特に頑張った?のが(4)の空気の流れです。

設計のIBさん、営業のTDクン、現場監督だったHMクン
皆さん男性で、かつそれとなく会話から導き出した印象は
「それほど家事を頑張って来たことが無いメンバー」でした。

理解してもらえなくても、ゴリ押しでダクトの吸い込み口は
この方向に。と意識して打ち合わせを進めた結果、
概ね良好な配置で完成することが出来ました。
(ちょっと不満はありますが、それは後日メンテの記事で)

2枚目の画像のガラスブロックの上部が空いているのが
ご覧頂けると思います。

デザイン面と空気の流れを意識して、リビングダイニングと
ランドリーをガラスブロックで仕切りました。
ここで、空気が逆流すると居住空間は埃だらけになります。

今のところ結果は良好♪
吸い込みフィルターの埃の量から、
意図した通りに空気が流れていることを確認出来ています。

勿論、野外に洗濯物を干した方が家の中は汚れませんが
アレルギー体質でどうにもならない、又は日中は仕事で不在する方
この方法なら室内干しの色々な問題が一挙に解決できます♪
何より、外に干すより家事時間が短縮されるのは
ズボラな私にはとっても魅力的なのです。

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

06 : 00 : 00 | 間取り | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

WEB内覧会【ゲストルーム】

ゲストルーム=客間です。

我が家のゲストルームは一室のみ。
田舎のお家は大勢が宿泊できる仕様が多いのですが
我が家の場合は、お泊まり可能な人数は2名としました。

先ず、山奥すぎて親戚や友人が頻繁に泊まりに来ることが無い。

仮に大勢で泊まりに来てもらった場合には、最寄りの温泉宿の方が
お互いに気を使わず快適に過ごせる。

この2つの理由により、自宅内の客間は洋間一室のみです。
将来的に、敷地内にキャンプ場のようなバンガローを建てたい♪
という密かな楽しみも残してあります^^

1室に色々な快適要素を詰め込みました。

ゲストルーム全景


先ず、部屋の要となるクイーンサイズのベッドは、
土台のスプリングと2種類のマットレスで
堅さ調節を可能にしています。

床は無垢のウォールナット、壁は珪藻土のコテムラ塗り。
我が家の基本仕様です。

部屋から直接出入り出来るドアは北洲標準仕様の玄関ドア。
ガデリウスの無垢材ドアです。
自分でオイルを塗って木部の保護をします。

早朝のお散歩や、山を散策して汚れてしまった時にも
気を使わずにすぐにお部屋に設置してある洗濯機や
シャワーの設備を使えるようにと配慮したドアですが
長期滞在しない限りは必要ないかもです^^;

こちらはシャワールーム。
シャワールーム

寝室とシャワールームはカーテンで仕切っています。
トイレは死角に配しているので、オーガンジーのカーテンだけでも
十分機能しています。

洗面台はドアのすぐ横にして、その隣に洗濯機を設置しました。
洗面ボウル


お部屋のシーリングライトは外に通じるドアとリビングに通じるドアの
二箇所にスイッチを設けて、ベッドサイドにはリモコンがあります。
部屋のどこからでも電気を点けたり消したり出来るようにしました。
ばぁばやじじぱぱが部屋でコケるといけませんからね^^;

スイッチは輸入品の陶器製です。
以前から手元に持っていたのを施主支給品として取り付けてもらいました。
スイッチ

夏に来てくれた母は、とっても快適に過ごせたと言ってくれました。
当初予定していた、つくりつけの化粧台とワークデスクの設置は
母と息子の助言を得て取りやめました。
必要に応じてデスクや椅子を部屋に運び込むスタイルに変更したので
更にすっきりとした空間になりました。

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪

関連記事

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

06 : 00 : 00 | インテリア | トラックバック:(0) | コメント:(4) | page top↑

WEB内覧会【キッチン3】~同時給排のレンジフード~

内覧会から細部の画像になってしまって
キッチンはこの記事で一旦終了です。

今後、WEB内覧会のタイトルの時には、全体画像だけにして、
細部画像はそれぞれ個別記事にアップして行かなくっちゃ^^;

さて。

メールでウォールキャビネットの中が見たいとリクエストを
頂戴しましたので恥ずかしながら公開します。
(何故かコメントよりメールが多いのですが、是非コメントで下さい)

キャビネット中身

特に特徴も無い^^; 
扉を開いて作業する際にも、あまり雑多な感じにはならないように
普段使用する調理器具がキッチンの配色に馴染みやすいよう
ステンカラーとホワイトを基調にしたキッチンを選んでいます。

一番下の段には元々水切りラックが取り付けられていました。
取り外した水切りラックの画像です。
水切りラック


棚板同様に、この水切り部分と下の水受けをはめ込む仕様ですが
奥行きに隙間があり、棚に水が落ちるので取り外しました。
使い勝手として、棚に水滴が落ちるのは問題ありませんが
棚の部材や表面加工が水濡れに対応していないそうで
「それじゃあ、水切りラックとして使えないやん;;」と
取り外しました。

TOYOキッチンの以前の水切りの方がずっと実用的でしたので、
デザインに偏って実用では役に立たない仕様で販売してしまう
現在の体制は是非改めて欲しい
ものです。
元々、よく考えられたキッチンを作ってきたメーカーさんだけに
とっても残念です。

さて。

本日の記事のメインは換気扇です。
高気密高断熱住宅では、しっかりと施工が出来ているほど、
同時給排タイプかそうじゃ無いかで快適性や燃費に影響が出る
という
理屈になります。

部屋の中の温度や湿度を効率的に一定に保つことが出来る高高住宅では
通常の換気扇で一気に室内の空気を外に排出すると
換気システムに負荷がかかります。
中途半端に外気が室内に影響していたり、常時窓を開放している場合等には
同時給排はあまり必要ないとも言えます。

*中間期で冷暖房が必要無い、家の外と内側がよく似た環境である時期は
問題になりませんが、暑い季節、寒居季節には重要ポイントとなります。

国産で信頼出来る換気扇のメーカーは富士工業。
TOYOキッチンでもセット販売されている国産換気扇は同社のものですが
同時給排タイプでは無いので、システムキッチンからは外して
換気扇は施主支給としました。

選んだのは、富士工業レンジフード 強制同時給排シロッコファン
SSRF-4S-901KV-R/L S( 900間口 BLIV型相当風量) 
換気扇

北洲ハウジングの施工ミスで、換気扇の面(奥行き)が
少し奥まって設置されてしまいましたので、しっかり吸い込んで欲しい
調理ものは、IHの奥側で加熱するなど工夫して使用しています。

スイッチを入れると、上部のスリットから外気を室内へ取り込み、
それを下の換気扇が吸い込むことで調理台の上の蒸気や油煙だけを
外に排出するという仕組み。

部屋の空気をひっぱらないので、玄関ドアが異常に重いという
高高住宅で時々みかける超負圧現象も緩和されます。
とあるハウスメーカーさんでは、玄関ドアの異常な重さが
高性能の証だと語っておられましたが、それは改善すべき点だと私は思う。
(子供がいる家庭では重いドアは危険です)

換気扇の下に鍋がある限りは部屋内に臭いが広がらないので
機能性は十分と感じています。


今日は写真を撮るついでに、掃除もしました^^
画像は、掃除前のものですが、さほど汚れているようには見えませんよね?
中のパネルには結構な量の埃と油が付着しています。

吸い込み口のパネル(整流板)は軽いので女性でも簡単に外せます。
その中に金属のフィルターパネルが3枚。
奥側に油受け皿が一つ。

全部取り外して中をのぞくと、シロッコファンが見えています。
換気扇中身

キッチンペーパーで、見える範囲内の油や汚れを拭き取ります。
取り説には月に一度掃除せよと記載がありますが、それぞれの
家庭の料理事情にあわせるべきだろうと思います。

我が家の場合には、2週間に一度の掃除ペースです。
今のところ、特に洗剤を使って気合いをいれる程の汚れはありません。

取り外したアイテムは、シンク内で洗浄。

換気扇掃除

整流板はw=約72㎝ シンク内がw=約98㎝ 余裕です^^v
洗い終わった部品たち。
換気扇フィルター


金属フィルターは「アクアスリットフィルタ」という、水だけで
油汚れが落とせるスグレモノ。
とは言え、手に油が付くので中性洗剤で軽く流しています。

薄いので、表面が痛んできたら新しいものに買い換えますが
3枚1セットで約一万円。
フィルタの寿命次第では、結構なランニングコストです。
以前のフィルタより寿命が長くなったとの記載がありますから
最低5年は買い換えずに使える商品であって欲しいです。
5年後にレポート出来るよう、頑張ってブログを継続したいと思います^^

元通り取り付けて15分程度で終了。

今回は、何故か換気扇の外側に曇ったような汚れが付着していたので
(恐らく手に何かついた状態で触ってしまったのでしょう)
それもお掃除。
掃除道具はキッチンカウンターにいつも置いている、
シュガーポットの中にあります。

掃除用スポンジ


お砂糖?
じゃなくて、メラミンスポンジです。
小さくカットしておいて、すぐに取り出して使います。
殆どの汚れは、洗剤なしでこれでピカピカ♪
お気に入りの掃除グッズです。

ここでお掃除完了画像というのが定石ですが
ビフォーアフターに違いが無いので^^; 割愛します。


次回はゲストルームです☆
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪



関連記事

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

11 : 11 : 25 | キッチン | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

WEB内覧会【キッチン2】

キッチンの続きです。

老後を考慮して高い位置の収納を避ける
記載しましたが、我が家の作業台は高めの90㎝です。

カウンター高は108cmです。
将来、もし車椅子で作業が必要になる頃には、
もっと座面の高いものが発売されているだろうとの期待と、
その際には足元を高くする方向で計画し、
先ずは今使い易く設計すべきと考えました。

身長161cmの私はヒール4cmのスリッパを愛用していて
主人は175cm。10センチの差がありますが
お互いにストレス無く使うことが出来ています。
私にとってはこれ以上高いと肩が凝り
主人にとっては、これ以上低いと腰が痛いという高さ90㎝は
腰を曲げずに作業出来るので快適です。


でも、高い作業台は切る、盛りつける、炒める等は楽ですが、
捏ねものなどでは力を入れにくいのが欠点。

その時威力を発揮するのが3Dシンクです。

高さ3段階の3Dシンク

この高さ3段階のシンク、以前使っていたTOYOキッチンには無かった
新しい仕様ですがなかなか便利です。

まな板は以前のモデル同様に天板の下からスライドします。
この画像だと、一番右の天板の下にまな板が隠れていて
必要な場所までひっぱり出して使うか、状況にあわせて
最上段の作業台を外して使います
作業台では無くてシンクの上(空中?)でまな板を使えるのは
そのまま水が流せてとっても便利。
これは以前からお気に入りの仕様です。


さて、3Dじゃ無くても、シンク内で力作業は出来ますから、
段差をつけて3Dにする必要は無いんじゃ?とも感じますが
一つのシンク内でサラダ用の野菜を水切りしながら、
パスタの熱い湯を捨てることが出来る
などのメリットは色々。

TOYOキッチンにはこれ以外にも更に段差が多い4Dキッチンもあり、
洗い物を最下部に隠せるらしいのですが、それは我が家には不要と判断しました。

継ぎ目無しの広いシンクはとても使い易くて気に入っていますが
以前からこのシンクへの不満として、排水の勾配があります。
業務用シンクよりも、勾配が緩やかなのかシンク内のゴミや汚れが
さっと排水口に流れてくれません。
最後のお掃除では、スポンジを片手に排水口に向かって全ての汚れを
押しやる感じで終了しますが、これがシャワー水栓の水流だけで
きれいに流れる勾配を開発してもらえると100点なんだけどなー。

あと2時間後には食洗機のメンテの方々が来られます。
何度か交換しても改善されなかった蒸気漏れについて
今回はメーカーの担当者もいらっしゃるそう。

AEGの食洗機の蒸気漏れは他の現場では確認されておらず
ドイツ本社でも商品に同様のクレームが発生していないと聞いていますから
商品的には問題が無いそうですから、キッチンユニットとの相性では?とも
言われています。

正直、もういい加減に解決してよ!と疲れ気味ですが
メーカーさん、メンテの方々共に放置せずに色々試行錯誤して下さっており、
アフターフォロー体制は信用出来ると感じています。

さて今回はどうでしょう?
次回は食洗機メンテの報告をしたいと思います^^

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

09 : 14 : 39 | キッチン | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

WEB内覧会【キッチン1】

今回は、特に女性に人気?の【キッチン】です。
キッチンは工夫ポイント、失敗ポイント色々豊富な場所なので
何回かにわけてレポートしたいと思います。

先ずは全体の雰囲気から。
kitchen全景

DLKは天井を高く抜いて、天窓+サイドにも窓を設けることで
明るいキッチンを実現出来ました。
夜になるまで殆ど電気をつけることがありません。

基本色をホワイトにしているのは、好みもありますが
カビや汚れを目立たせるためです。
料理を作るということは、食べ手の命を預かると言うこと。
汚れが目立つように、又、掃除する際の凹凸を少なくするように
計画しました。


I型壁付けスタイルにキッチンカウンターを設置。
I型は、京都に居た頃からの我が家の定番で
アイランドや対面キッチンなどを経験してきて
家庭で最も使い勝手が良いのはI型というのが私の結論です。

スペース次第ではL型も使い易いのですが、
角部分の収納内の掃除がしずらく、角部分を有効利用するのが
意外に難しい(私は片付けが苦手)と言う経験からI型一筋です^^


キッチンユニットはTOYOキッチンのBAY
このブログでも何度も紹介しているお気に入りブランドです。

kitchenユニット

ユニットに奥行きがあるので、横幅が狭く見えますが、
カウンターに5名余裕で座れる長さがあり、実際に立ってみると
広さは十分で動きやすいです。

このユニットのポイントとなる、AirFlowの足元と
作業台奥行き75cm
は必須条件でした。


衛生面において、湿気がこもらずキッチンの下部に空気が通って
日常的に掃除が出来る仕様は重要ポイント。

ただし、キッチンの下が浮いている=掃除をしなければならない
これが他のブランドでは採用されない(人気が出ない)理由かも。
キッチンの足元って野菜くずや粉もの、パンくず、埃に水・・・
毎日色々落ちますから、ユニット下が空いているとそこに入り込みます。
これを面倒と感じる場合、AirFlowは選択しない方が良いと思います。


アイランドタイプなら下部の掃除はとても簡単ですが
我が家のような壁付けの場合には工夫が必要です。

キッチンとカウンターの距離が近すぎると掃除がし辛いという欠点になるため
掃除をするために必要な幅を予め設計しました。
これ結構重要です。

「通常はこれくらいですよ」との担当社のアドバイスだけで決めず、
自分で使用する動作と掃除する場合の道具を手にした状態で
シミュレートをして必要なスペースを確保すると失敗がありません。

無理に体を捻って掃除するような箇所を作ってしまうと
後々体を痛めるか、触りたくない汚れエリアが出来ちゃうからです。

現在、我が家のキッチンでは、普段は掃除機とハンディモップ、
2週間に一度くらいの頻度でスチームという具合。
スチームだと排水口のヌメリも洗剤無しでつるるん♪です。

2ヶ月半使用しての床の状態はこんな感じ。

kitchena足元


良くない部分は、この奥に見える配管。
見た目にすっきりとこのようなシルバーのカバーが取り付けてあるのですが
このカバーの隙間の埃がとりにくい><

勿論、足元が解放出来ないキッチンだとリフォーム時に
ユニットを外した床は大変汚れているので、
それと比較すればかなり清潔には保てるのですが
出来れば各配管を一つの枠で囲うような仕様のほうが
お掃除は簡単だったと思います。

高さは15センチ。
手が届かない(=腕が短い)私にはちょっと厳しい部分ですが
手の長いご主人がおられる家庭なら問題ないかもです^^

例えば、壁付けにする場合には排水管を手の届く前面にまとめるなど
収納に犠牲を払ってもメンテに重点を置ける選択肢(オプション)を
用意してもらえると嬉しいかもです。

そしてAirFlowでも塞がってしまうのが、食洗機の足元。
小さめの食洗機を選択すれば浮いた状態に設置可能ですが
海外製の大型だと床に置くように設置するので、足元にはカバーがつきます。
これは3本の足を隠すためのステンの枠が置かれているだけなので
掃除したい場合には、簡単にひっぱり出せます。

食洗機の足元


現在、この食洗機に蒸気漏れのトラブル発生中でして
エレクトロラックスジャパンの方が対応して下さっています。
そのレポートは後日又^^


◆キッチンの間取り(サイズ)について

キッチンユニット奥行き=750mm
立ち位置奥行き=1100mm
キッチンカウンター奥行き=800mm
奥行き合計は約2550mm(椅子を含めて大体3メートル)
幅を約3400mmとりましたので、キッチン面積は約8.67㎡(約5.3畳)

必要な作業があまり移動せずに出来て、
安全で効率が良いです。


キッチンの横に設置したキッチン用ドア(勝手口?)を隔てて
パントリーを設けました。
大体キッチンと同じくらいのサイズの食品収納庫には
冷蔵庫1台、ワインセラー2台を並べて向い側にホームエレクターの棚。
食品ストックやホットプレートなどの大きな調理器具の収納場所です。

パントリー


今後の課題は、分別ゴミをここにどう設置するか。
目下、暫定的に取り敢えず置いてあるので、見た目も使い勝手も
まだまだ改善が必要です。


自分自信が最も使い勝手が良いキッチンとして設計し
老後を考えて、必要なものは高所に収納する必要が無い工夫もしました。


次回からは、更に細かな点や換気扇、カウンター、IHヒーターなども
レポートしたいと思います^^



FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪










関連記事

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

12 : 57 : 19 | キッチン | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪