FC2ブログ

足場撤去、内装進行中

昨日、5月30日に足場が撤去されて
外観がよくわかるようになりました。

外観

足場を外してから、小鳥の声が聞こえません。
巣立ったのか?足場撤去で親が逃げちゃったのか?
これからは、ハシゴが無いとダクト内が見えません。

前回、電気屋さんが来られた際に設置された電気メーター。
最悪のデザインです;;
後で自分で塗装することにしました。
電機メーター

デザインを考慮したメーターも存在するのですが、
北洲ハウジングでは、「どうされますか?」と聞かれなかったので
ご存知無いのでしょう。

電気メーターに接続される配線も、我が家のように露出の場合と
メーターだけが外壁にくっついているような設置のされかたがあります。

尋ねた時には、他に選択肢が無いと言われましたので、
我が家の場合は仕方無いので自分で何とかするのですが
これから建てる方は、そのビルダーさんには選択肢があるかどうか、
尋ねてみると良いと思います。

ドアの横に出ている配線にポーチ用の照明が取り付くのですが
折角デザインを考えて購入しても、この電気メーターが横に並んだのでは
がっかりです。(´・ω・`)ショボーン



昨日はサニタリーのタイルの割り付け図が間違っていて、
左官屋さんが唸っていましたよ。
設計のIBさん、気にならないのかしら?
それとも、担当社が伝えないシステムなのかな?・・・

見かねて、口を出しました。
施主が了解すれば、割り付け変更出来ますから。

あれほど、エコカラットは通常のタイルとは異なることを
伝えて来たのに、現場で左官屋さんが何とかすると、
担当さん達は思っておられたのでしょう。
だから、エコカラットを嫌がる職人さんが増えるのだと思います。

エコカラットストーン
特に今回のは難易度が高いと伝えて来たストーン(柄名)
ちょこっとでも貼られると、やっぱり嬉しい♪



今日はお昼に現場で担当さん3人組と約束していますから
今から出掛けます。
そう。やっとです!やっと!!GTさんがいらっしゃいます。
GTさんがどれ位現場状態を把握しておられるのか今日判明します。
知らない部分が無いように、しっかりお話して来たいと思います。
その時にダクト内もチェックしてもらわなくては。

昨日エコキュートが現場に届きました。
左官屋さんと私も運搬に参加(100kくらいあるんです!)
とりあえず置いておく場所を指示して入り口に置きました。

時々、配送の方で無理なのに一人で来るというケースがあります。
誰も居なかったら帰るつもりだったのかしら?

施主が手伝いをする必要は無いのでしょうけれど、
ここまで施工が遅れると、手伝わずにはいられません。
これ以上遅れると生活に大きな支障を来すと言い続けているのに...

と、今日もブログで愚痴をこぼしてしまいました^^;
毎日笑っていたいのに、ね。
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

08 : 22 : 03 | 本体工事 | トラックバック:(1) | コメント:(2) | page top↑

孵化完了~預かった鶏の卵は可愛いヒヨコになりました~

ウィンターガーデンの施工問題や浄化槽が計画していた位置に設置出来ない事件など、
自宅建築の様々なトラブルの中で、喘いでいる日々ですが
何故か預かってしまった受精卵の孵化に成功しました^^

助けなければ失われる命を前にすると、現場トラブルそっちのけで
お世話に夢中になってしまいます。
いわゆる、母性本能と言うものでしょうか。
一羽目が孵化した後、観察しながら育雛箱の準備を進めました。

新たに2羽。これから生まれる卵に寄り添う傾向があるようです。
5月28日孵化続行

孵ったばかりのヒナは殆ど眠って過ごしますが、
卵の中からピーピー聞こえると、共鳴するようです。
突然騒いだり、眠ったり。どの動物も赤ちゃんは皆一緒。

羽が乾くと、育雛箱に移動させます。
5月28日夕方

4羽でウトウト。

生まれたばかりヒヨコは、卵黄の栄養を蓄えているため
生後1~2日は水も餌も必要無い状態で命を保ちます。
その間に、水を飲むことや餌をついばむことを教えます。

この子達は、生後10時間くらいで餌をつつき始めたように思います。
(正確に計っているわけではありません)

母鶏の体温は、40度前後。卵や生まれたばかりのヒナたちは
母鶏のお腹の下で過ごしますが、その温度は37~38度くらいだそうです。
自然の環境に近い温度と湿度をキープして育てます。
特に孵化初期の数日間は温度、湿度管理がとっても重要。
どんなに丈夫に生まれてきても、温度が下がると命を落とします。

孵化の設定が37.5度。生まれて暫くは同じ温度設定です。

3日目辺り、全員揃って餌をついばむのを確認してから
徐々に温度を下げて行きます。(1~2日で1度下げる)

各個体の様子を観察して、弱っている子はいないか判別するために
それぞれ名前をつけました。
多分、私にしか見分けがつかないでしょう(笑
孵化完了

12個の卵から11羽孵化。
最後の一個は多分中止卵(受精卵だけれども途中で駄目になった卵)かな。
殻を割る間に力尽きてしまう子もいます。

ちょっと元気の無い子が2羽いるので注意して観察しています。
あまり過保護にすると、依頼主さんにお返しした時に
環境適応出来ないといけませんから、自然に近い状態で飼育するよう心がけます。

今後食べることになる、くず米を預かって炒りおからや米ぬか、
様子を見て若菜(雑草)や生餌(魚釣りで使うような虫。怖いけど頑張って外でとってくる)も
与えます。

足元の敷藁は、セトちゃんの冬のご飯だったのですが、
ヒヨコたちのためにちょこっと分けました^^

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

10 : 46 : 49 | ファーム | トラックバック:(1) | コメント:(0) | page top↑

テラスは結露、動物たちは春~慌ただしい日々~

一昨日の雨の日にウィンターガーデンの生コン施工があった記事を
アップしました。
翌日。

ご存知の通り、生コンは硬化する際に発熱しますので、
風通し良くしておかないと室内は結露すると言うのに
現場への指示が無かったために、びっしょり。。

HMさんに電話で確認して「お願いします。」と言われましたので
施主が自分でサッシを空けて風を通し、乾くまで現場で過ごしました。
現場に行かれる職人さんに連絡しておいてくれれば良いのに;;

そして今日。
誰も来ない現場にいつものように確認に出掛けると・・・

結露でびっしょり
コンクリートって一日じゃ乾かないのでした。。。

またしてもサウナ状態。
まるで大雨の窓ガラスでした(内側が)

結露でびっしょり2

水を吸った石膏ボードがふやけています。
水栓用の壁のカウンターには水溜まり。
サッシ全て雨の外壁状態ですから、サッシの枠にもかなりの水溜まりでした。

仕方無いので風を通しながら、一人寂しく普段から持ち歩いている
タオル2枚を犠牲にしてきれいに拭き取りました。

やれやれ・・・

直ぐに現場を確認に来て!と言いたい所ですが
月曜日にTDさんが来ることになっているので、今日は来て下さらないでしょうし
昨日結露について連絡したところですから、今日は連絡しませんでした。
何しろ、郡山からいわき市までとっても遠いのです;;

そんな状態の中、浴室のダクトには

!!!生まれてるっ!!!
ツバメの巣

外壁工事中もここで卵は孵る日を待っていたのでしょうね。
塗装の時に気づきそうなものですが。

電気屋さんが「ダクト排気口は巣立ってから取り付けにきます・・・」と。

調べてみると、ツバメの巣立ちは通常3週間。
引き渡してもらってもお風呂に入れないやん!

ということで、ツバメの巣の移設を調べましたら、日本にも海外にも
移設している方々がおられました。
良かったー^^
早速移設願いを出します。(北洲ハウジングさんにですよ。勿論)

でも巣の状態が、泥と藁じゃ無くて苔って言うのが気になります。
ツバメじゃ無いかも?

そして自宅でも。
ぴーちゃん

近所の方から預かった卵からヒヨコが孵りました。
毎日温度と湿度を確認しながら観察を続けて3週間。
こんな大変な時に預かっている場合じゃ無いのですけれど・・・ね?^^;

更新記事を書きながら、午前0時42分現在。
3羽孵っていますが、まだ孵化は継続中。
心配で見て居たいけれど、ずっと見て居ると40時間くらい起きていないと
いけませんからね^^; 
雛たちも静かにしている間に少し眠っておきます。

ブログを更新して現場で左官に参加する傍ら、種まきや育雛にも励んでいます。
・・・私、絵を描く人なのですけれども(笑
絵の材料ということで納得しております。

最近現場に連れてもらえないお姫様たちもリクエストを頂戴したのでパチリ♪
熊ちゃん座りですねています。
プリとクー2
プリちゃんは呆れ顔?舌でちゃってます。
プリとクー1

引き渡しまでもう少しだから、我慢してねっ><

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 53 : 54 | 本体工事 | トラックバック:(1) | コメント:(2) | page top↑

ウィンターガーデン施工開始

ようやくウィンターガーデンの施工が始まりました。
初回打ち合わせ時から、ウィンターガーデン=ガラスで囲った野外と
希望を出し続けていますが、北洲ハウジングとしては
そういう訳には行かないのだそうで、広い玄関(?)のような
構造で土間を室内の床レベルまで高くして作られます。

底に断熱用の発泡スチロールを敷き込み、基礎の枠の内側にも
隙間無く発泡スチロールを詰め込みます。
UB部分の基礎と同様ですが、その上に生コンを流すというのが
UBの施工との違いでした。
ウィンターガーデン土間1

土間と居室の間の通気パッキン(基礎の上に乗せてあるプラレールの線路みたいな部材)
は、土間周りは通気させない仕様のものが挟んであります。

通気目的のパッキンを仮に小さめの玄関とUB周りだけ、この仕様にして
塞いだ場合、基礎全体への通気の影響は考えなくても良さそうですが
今回のように、結構な面積(建物に対して横に長い)の通気を塞いだ場合にも
基礎内への影響が無いというのが、私にはよく理解できません。

まぁ、「全く問題無い」「大丈夫」と設計がおっしゃるのですから
心配しなくて良いでしょう。というあまり私らしくない(追求しない)
判断となりました。
こういう部分は、全体的に施工者がどれ位の意識をもって、構造システムを
構築しているか、社内の建物に対する安全規定(考え方)はどうか?と
言うところから判断するしか無いと思います。

サッシの下端を養生して、型枠を作ると生コンのミキサー車とポンプ車が
登場です。
25(金)は業者の出入りが多く、車が10台以上!
トラックだらけの現場です。
現場までは離合できない斜面ですから、交通整理のために4往復。
走り回ることになりました(泣

こういう日にこそ、現場監督が立ち会って欲しいところですが
現在HM現場カントクは、工事の最終段階で一杯一杯の様子ですから
あまり無理を言うわけにも行かず。
GTさん、こういう日こそ現場に来て下さい。
(GTさんは、HMさんの上司。GW明けに工事の不備を謝罪にこられ
「これからは私も現場に伺います!」と言って頂いて既に月末。
月2回しか来てくれないのね。と夫婦の会話にたまに登場する方です)

生コンが来る予定の3時前には雨が降り始め・・・
別の業者さんのトラックがスタックしたりする中、なんとか生コン開始。

ウィンターガーデン土間2

基礎工事の時に元気に頑張ってくれていた爽やか男子のポンプ屋さんや
ミツバチを飼うのが趣味?のミキサー車のおじさんなど、久しぶりの
メンバーが集結です。

この頃には、雨ザーザー;;
撮影する私もずぶ濡れでした。

ウィンターガーデン土間3

この横では、設備屋さんが轟音と共に、基礎コンクリートをはつっています。
配管を出す位置を修正するようにHMさんから指示が来たのだとか。

・・・あんなに時間をかけて設計した部分なのに、結局失敗なん?と
なんとも複雑な気持ちに。
折角打ったコンクリートをバリバリ壊すのは見て居て悲しいですが
よくそんなことがチョイチョイと出来るものだと、工程を感心して見学しました。
エコキュート排水ハツリ中

先日まで池状態だった水溜まりにようやく生コンが注入され
雨の中で生コン作業

雨の中で生コン作業2

メット着用なのにカサ?と思ったら、もしかして
生コンをポンプに流す部分に水が入るのを少しでも防ごうとしているのかしら?
その割りに、カサの位置は頭の上だし(笑

打設するところは、屋根があるのでまぁ大丈夫なんでしょう。
打設前に配合を携帯でやり取りしておられましたが
作業中に方に声をかけるのは邪魔になるので、こうやって記録を残すことに
努めます。

他にもレポートしたい用件はたくさんあるのですが、
今から又現場に行きますから、後で書きたいと思います。
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

09 : 00 : 24 | 本体工事 | トラックバック:(1) | コメント:(2) | page top↑

珪藻土壁~ケンコート施工~

今日も朝から3日目の左官作業でした。

ケンコートは石膏ボードの会社の製品だけあって
ボードとの相性がとっても良いです。
珪藻土壁というよりは、石膏に珪藻土を混ぜた壁。

自分でやってみたいという方のために、今日は手順を
メモ代わりに記述してみますね^^

~ケンコート施工手順~

下地は通常の木造の内壁と同じ石膏ボードを貼ります。
合板などはアクが出て表面の色に影響する場合があるので
アク止めを塗るか、石膏ボードに変更します。

次に、石膏ボードのジョイント部分や出隅、入り隅などの
繋ぎ目に寒冷紗を貼ります

ホームセンターに売っているロール状のもので良いです。

20120524_13.jpg

巾木や見切りなどはみ出ると困る部分にマスキングテープを
貼って養生します。
20120524_11.jpg

ケンコートは3~5mm厚さに塗りますが、マスキングテープを剥がした後
コテで端を押さえるので、2mmと少しくらい隙間を空けて
テープを貼ります。
あまり細かい部分を気にしない方は、5mmくらい空けてもOK。
相手が黒っぽい色の時だけは、乾燥してから白い擦ったような後が
消えにくいので、養生は慎重に。

画像のように、コーナーはテープを切らずに曲げて貼る
養生を剥がすときに綺麗に剥がれます。

左官用の下地は、乾いてからジョイント部分が見えないように
綺麗に下地を作るのが最も難しいのですが、ケンコートはこれ自体を
下地にすることが出来て、直ぐに塗っても乾燥後に殆ど影響が出ないと言う
スグレモノ。
初心者向きの素材と言えると思います。

画像からも分かるように、ジョイント部以外の木ネジの凹みは
そのままにして左官開始
出来ます。
壁紙や漆喰だとこのネジ頭の凹みをパテで平滑にしてからじゃないと
表面に影響が出るのですが、ケンコートは大丈夫なのだそうです。

床には必ず養生しておきましょう^^
落としたら踏んづけて、そこら中に左官材がくっつきますから。


後は、粉末のケンコートに水を加えてケーキの生地くらいの
堅さに練る
だけです。
シュークリームの生地だと硬すぎです。
生クリームだと7分立てくらいのイメージ。
コテ台に乗せて傾けるとゆっくり流れてくるくらいです。

これをコテにとって、壁に塗り、乾く前にマスキングテープを剥がして
剥がした部分を押さえます。
(押さえなくても取れないと思いますが、剥がす際に少し浮くので
押さえる方が振動などにも強い仕上がりになると思います)

お好みで、おはじきや好みの石を埋め込んだり、家族の手形をつけて
楽しむことも出来ます。

手形を付ける時には、少し乾き始めて締まるのを待つ方が良いと思います。
柔らかい時だと、手を外すときにケンコートが引っ張られて、角が立つからです。

塗ってから一時間で固まります
予め水練りしてから養生を始めると、間に合いませんから、必ず下地を済ませて
塗れる状態になってから水をあわせます。

翌日には殆どカチカチ。壁側に若干の水分が残っている状態ですから
あまり擦ったりしないで完全乾燥を待ちましょう。

漆喰だと厚塗りが剥離の原因になったりするのですが、
ケンコートは結構な厚みに塗るための材料のようですから
壁に表情をつける時にはバッチリです。

下地のケンコートに混ぜるための硬化剤(ボンドのようなもの)が
同じメーカーから出ており、少し混ぜて寒冷紗に塗ることを推奨されています。


如何でしょうか?
簡単に楽しくコテムラの塗り壁作り。
リフォームでも採用しやすいと思います。

ちなみに、入り口に設けた小さなニッチは、上部の奥が一段階高くなっていて
ダウンライトが仕込んであります。

こういう場所は、私が塗ると素手じゃ無いとコテの取り回しが出来ません。
素手塗りも面白いのですが、今回は他とのテイストを揃えるために
先生(左官屋さん)に塗って頂きました。

内側は全く見えないので手鏡で歯の裏を見るように確認しながら作業します。
ちっちゃなコテを使って届くギリギリまで入り隅を押さえているところに
プロの仕事を感じました。
鏡を差し込まないと見えないので、画像に残しておこうと思います^^
ニッチの中3
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 20 : 55 | 本体工事 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪