FC2ブログ

VELUXルーフウィンドウ~水切りの始末の仕方2~

3月26日の記事「VELUXルーフウィンドウ~水切りの始末の仕方~」の
回答を得られましたので報告と天窓についてのお話と画像も少し^^

水切り1


天窓は、最初の施工時に枠を作っておいて、サッシをはめ込み、
屋根工事の際に外側に枠や水切りを取り付けて雨水が漏らないように
施工します。

水切りの端の部分が屋根材の下に入る形状が見えると思いますが
VELUXルーフウィンドウは、各屋根材の種類に応じた施工マニュアルが存在し、
スレート、瓦、トタンの三種類の施工方法があります。

我が家の場合はスレート用のマニュアルを適用することになります。

そして、この端っこの曲げについて、前回「施工マニュアルと違う!」と
心配になったわけです。

この屋根材の場合、下に潜らせる寸法が少し異なるのだそう。
無理にフラットにして始末するよりも、より水切りが上手くゆくように
端を曲げたとのことでした。

通常の水切りの施工よりも、更に安全性が高まるように施工してあるので
ご心配なく。と言って頂き、ほっと一息。

それにしても、窓ごとに水切りの様子が。。。

ちょこっと水切りが出ていて、端を曲げた裏面が白く見える様子。
水切り2

窓の寸法と屋根材の幅があっているので、水切りが比較的きれいに
納まっているように見える様子。
水切り3

一番小さな天窓では、水切り部分が露出しまくって、残念な様子。
水切り4

屋根の色の拘わらず、枠も水切りも全てグレーという色も・・・ねぇ?^^;

塗れないのかなぁ?・・・


この水切りの件、こういう場合は予めきちんと説明があってしかるべきだと思います。
建築工事にはあまりにも多くの要素が存在するので、手が回らないという
状況はわかりますが、地域の個人工務店じゃ無くて、ハウスメーカーなのですから
そこは、手が回らないでは言い訳が立たないと思うのです。
(雑費だけでも何百万も支払っているのですからね)


何度かの台風や梅雨を経験してから、その性能については
答えが出るのかも。。。
そのためにも、このように施工時の記録はきちんと残しておきたいと思います。

VELUX自体は、実績もありますし、他の輸入サッシメーカーのように
取り扱い会社がコロコロ代わったり、急に取り扱いが停止するようなことも
無いようなので、信頼できると思います。

採用前にVELUXジャパンに直接問い合わせした際にも、丁寧に対応して
下さいましたし、商品知識についても安心出来るものでした。

後は施工の腕次第。

北洲ハウジングでは、数多くの物件にVELUXルーフウィンドウを採用して来たけれど
過去に雨漏りが発生した物件は皆無。とTDさんが郡山の前の事務所でおっしゃいましたので
我が家が雨漏り一号にならないように祈るしかありません。
マニュアル通りに手抜きせず施工されていれば、10年毎のメンテナンスで安全は保たれるはず
ということです。

30年後以降となると、自分達が既に他界している可能性も高い。
(ダジャレではありません念のため)
雨漏りなんてわかない程のお年頃だと思いますから、まぁ大丈夫でしょう(笑

我が家の場合、雨漏りについて調べた際に、雨漏りの原因の中で最も多いのが
複雑な屋根形状(谷になった部分や、昭和タイプの家の玄関ポーチにつけた屋根部、
バルコニーの防水の劣化など)が確認できましたので、対策として、
・屋根形状は可能な限りシンプルにして谷部分を作らない。
・継ぎ目のある形状にしない。
・勾配を緩やかにして、点検が容易な屋根とする。
・天窓はコーキングに頼る設置方法のものを選ばない。
(コーキングは寿命が短いため)
・どうしても屋根部分から熱を排気したいような場合を除いて開閉式にせずFIXとする。

というマイルール(?)を作って計画しました。

勿論、雨漏りの可能性を考えれば天窓さえ取り付けない方がシンプルな屋根となります。
住み心地が雨漏りだけで左右されるなら天窓は設置しなかったと思いますが、
室内から流れる雲を眺めたり、曇りの日にも部屋の中が柔らかな自然光で居られたり
天窓の利点は、住み心地に直接作用する点です。

計画当初には、一つか二つ?とアトリエへの採用を考えていましたが、
結局全体的にかなり積極的な天窓採用を取り決めました。
そして、壁面の窓を可能な限り無くしていることも今回の設計の特徴です。
建築法で窓の最低量は決められているのですが、通常の住宅では窓量はかなり多めです。
大きく開口が欲しい部分とそうでは無い部分をきっちり計画して、
不要な窓は付けないよう心がけました。
いくらサッシの性能が高いからと言っても、やはり壁には負けます。
酷暑や極寒の日だけをイメージするのでは無くて、年間を通して快適に過ごせるためには
かいどまり宅の場合、窓は少なめに!を目標にしました。

後は、快適温度を保つためのランニングコスト(我が家の場合は電気代)がどう出るか?
早く体験したいなー♪(o´∀`o)



屋根勾配は角度のある屋根の方が吹き抜けや小屋裏の天井が高くなり
空間は面白いのですが、施主が自分で屋根に登るのが怖い(それで無くても高所恐怖症)
ので、緩やかな勾配を選択しました。
通常は施主が屋根に登ることは、想定されていないと思いますが、我が家は僻地。
一般的な都市部の住宅街と違って、業者さんたちも簡単には来てくれませんからね^^;

ちなみに、屋根の劣化では屋根材よりも下地の劣化を意識しておくべきとのことでした。
アスファルトルーフィングの下地は一般的に約30年の耐久性があるのだとか。
その頃には、一度下地から屋根をふきかえることが必要かも知れません。
30年後の日本の住宅事情。さて、どうなっていることやら?

天窓いっぱいの我が家。
断熱の補助効果も望めるように、全ての窓には遮光ロールブランインドも設置。
天窓いっぱい


FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事
11 : 27 : 17 | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

内壁グラスウール施工の様子

8日(土)で断熱屋さんが一旦引き上げました。
内壁と屋根断熱部分のグラスウール詰め込み作業と、
その上に防湿気密シートを貼るところまで概ね完了。
壁のグラスウールが入った

この画像では、天井が貼ってあるように見えますが、
足場用としてのコンパネが乗せてあるだけで、ここは吹き抜けになります。
吹き抜けと言っても、平家ですからそんなに高くは無いのですけれど、
梁の上に空間があるというのは照明も工夫出来ますし、インテリアを考えるのが
楽しいダイニングになります^^v

通気くん

アトリエは天井断熱(北洲標準仕様)になるので、天井にはフィルムが貼られ
勾配の部分には「通気くん」が取り付けられています。

天井にグラスウールをブローイングした際に、屋根の端の方は
断熱材が詰め込み状態になります。
ここに屋根から来る天井の熱を逃がす空気の通り道を設けるために取り付けるのが
「通気くん」だそうです。

屋根の上には「換気くん」、下には「通気くん」 将来屋根に塗りたいのが「断熱くん」
何とかトリオみたいな名前です。。

屋根断熱と天井断熱の境目で見上げると、仕上げた後には見られない景色が。。
どちらが快適なのかしら?
体感差が出ないと嬉しいのだけれど。
いづれ住み始めればレポートしたいと思います^^
屋根断熱と天井断熱


さて、北洲ハウジングのW(ダブル)断熱システムは、充填断熱に
アルセコ外断熱を組み合わせた、壁圧220mmです。

具体的には、室内側の下地の石膏ボード、防湿気密シート、グラスウール
そして、構造の合板。ここまでが先。
その後に、合板の外側から透湿性のある接着剤でロックウール・ラメラ(80mm)を
接着。次にベースコートを塗り、ガラスメッシュを乗せてベースコートで
挟みます(佐官作業)そして、トップコート、最後に希望の色(塗料)で完成。

この断熱材の選択については、鵜野日出男氏が詳しく記事にされているので
興味のある方は、そちらも是非どうぞ。
アルセコ外断熱の施工現場を訪ねて (前半)
アルセコ外断熱の施工現場を訪ねて (後半)
湿気を逃すのに、板状のものにスリットを設けたり、隙間を作ったり
色々な施工方法がありますが、私自身は素材自体を透湿性のあるもので施工する
この考え方が安心出来ます。
子供の水筒をくるむ袋だって、タオルで包むのが一番濡れずに
温度も保てるイメージ。
勿論どれだけ透湿性があるのかは、専門家じゃ無いのでわかりません。
ドイツでの実績や実際の建物を見ての判断と選択です。

断熱性(Q値)以外の良い部分。
それは、壁が厚いので外観が異なります。
いわゆる日本の壁の外側に窓がくっついているスタイルでは無くて、
ヨーロッパの石壁の家のように、窓が少し奥に凹んで取り付けられます。
(実際には、窓の周囲にロックウール分外側にふく)

好みの問題だと思いますが、北洲スタイルの中で一番気に入っている部分です。

この断熱層と室内の湿気を完全に分けるのが、気密シート。
北洲のものは黄色いフィルムだと思っていましたが、ここでは透明です。
TDさんに尋ねましたら、性能は同じだけれど色が違うだけとのこと。

個人的には、色つきの方がピッチリ貼れているか見分け安いので好きですが
透明でもきちんと施工出来ていれば大丈夫。

外断熱であろうが、充填断熱であろうが、その効果の程は施工者の腕にかかっています。

小姑精神で隅々をみてまわると。。
綺麗に貼れている

歪んで浮いている

まぁ、この後石膏ボードで押さえればピタッとつくでしょう(多分)

施工者の性格が
施工者の性格が出る仕事ですね。

・・・

あまり几帳面なタイプでは無いらしい。

全体的には、重ねて貼る部分はギリギリでは無くて、しっかり重なっており
押さえるべき部分は、タッカーできちんと取り付けられていました。

次は大工さんが壁の下地補強を入れて、石膏ボードを貼ります。
グラスウールの部分に下地補強が来るところは、グラスウールをその分切り取って
ツーバイフォー材を入れるので、フィルムは固定されずに残されています。

次は、天窓の水切りの件と大工さんの仕事をレポートしたいと思います♪
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

07 : 00 : 00 | 本体工事 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

4月6日(木)の打ち合わせ控え~建具と造作~

打ち合わせ内容の控えです。
面白く無い記事が続いちゃいました。
自分だけ楽しくてすみません^^;


1)キッチン造作棚
レール引き出しは底を手掛けとする。
可動棚板2枚付
棚は全てオープンで天井まで収納可能。
現場組み立てで、背面はケンコート(壁面)露出とする。
クックトップより下面は、システムキッチンとツラあわせ。
クックトップより上面は、換気扇の本体(ツバ部では無い)あわせとすることで
換気扇上部の壁をふかす厚みと揃える。
キッチンは天井のみJカラーで壁面全てケンコートに決定。

キッチンのホーローパネルに色をあわせたメラミン仕上げ。

後日、このメラミン仕上げをパイン集成材に変更可能かどうか
確認してもらい中。

2)各色見本再確認
前回もらった色見本のホワイトステインがグレーに寄りすぎの件で
下地の色が影響しているので下地をシナからナラ突き板に変更することで
色を確認。→OK

カウンター用パイン集成材
窓膳板
アトリエ水栓用カウンタートップ
の3項目が同じ材

巾木はホワイトステイン風の既製品で色確認OK

ナラ突き板(靴入れなど造作家具に使用とのこと)色確認OK

それぞれ微妙に異なるが許容範囲とした。

アトリエ紙棚の側板はシナ合板にホワイト塗装(ステインにしない)

3)キッチンカウンター
図面確認。
3000mm×700mmのカウンター足下を3ブロックに区切り収納とする。
オープン収納で巾木つき。側面はケンコート。
足入れ厚み200mm。収納部奥行き350mm。
カウンターの隅はRに加工。

4)玄関収納
靴入れ棚6段可動。
蝶板を預けてある件で、それで良いのかどうか確認中らしい。
どれを預けたのか忘れたかもな程時間が経過してしまった...)
とっ手は完成後に自分で取り付け予定。
ニッチの照明についてNEさんにTDさんから確認中。

5)レンジフードとシステムキッチンの壁のふかし方など
図面からレンジフードの横幕板は結局見えないので不要だったんじゃ?と...
(もう施主支給品として発注してしまったので、返品不能だけど。)
壁をふかす部分とキッチンユニットの足下の背面について、
佐官がその部分だけに先に来れるかどうか現場で検討(?)
先にキッチンを入れてから、佐官仕事を全部一気に後でしたいらしいが
キッチンユニットの足下はフロート構造なので、2度にわけるしか無いと
思われ。。。後日調整して連絡あるとのこと。

6)ベッドルーム、ゲストルーム、サニタリー二箇所の吊り戸
計4枚吊り戸。
サニタリーのミラードアは重量の問題で吊り戸では無く下にレールが
必要とメールで連絡があったのだけれど、今回、吊り戸の金具を
重量に耐えられるものにしたとかで、レールでは無くて吊り戸になっていた。

全てホワイトステイン仕上げ。
手掛けは両面に上から下までのスリットを設けて、金具は設置しない。
ドアの厚みや壁を巻き込みで仕上げる件など含めて現場で確認。

7)オールルーム東側のサニタリー入り口を挟んだ左右の下がり天井を
2400から2700に変更。
ダクトの通る北側の角のみダクト分としてふく。
伴い、空調の吹き出し口が高い位置となるため、インテリアラダーの購入を検討。

8)ベッドルームの分電盤が、引き戸の上に納まることに決定。
伴い、天井を2400から2700に変更。
ダクト分として、北側だけ天井を少し下げる(ライン状に端から端まで)

9)事務室本棚
南側の小入口上部にも本棚設置。
足下は巾木で捲くか、などチリの取り方は施工サイドに任せることにした。
8段。一部固定の可動棚。

事務室デスクコーナーの可動棚はNEさんとのやり取り通りで仕上げてもらうよう依頼。
袋になった部分を可動棚として、ルーターや周辺機器を設置予定。


10)ガラスブロックの取り付け方確認
先にブロックを施工してからケンコート仕上げにするとのこと。
足下は巾木がとりつく(床板とのからみ上どうしても巾木が必要とのこと)

11)ゲストサニタリー(サニタリー1
エコカラットはプレシャスモザイクヴィーレ(ホワイト)
洗面ボウルはINAXなど確認

12)メインサニタリー(サニタリー2)
エコカラットはストーンイエロー
洗面ボウルはフィブラなど確認

*エコカラット割り付けについて、現在検討中。

13)アトリエ2槽シンク
壁は水栓分ふかして、天板は木
前面は床からホーローパネル貼り


14)ウィンターガーデン水槽
ブロック芯で防水モルタル仕上げ。
水かかりになる部分にホーローパネル貼
グリーストラップと水栓は現場に搬入しておく。

ウィンターガーデン内装壁はSPインナーコート塗装
サンプル請求中



~私がしておくこと~
・水栓現場に搬入
・ガラスブロック現場搬入(品物確認して施工手順確認後に保管)
・ウィンタールームのグリーストラップ現場に搬入
・エコカラット割り付けの件、銀座INAXに問い合わせる

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

02 : 08 : 35 | 打ち合わせ記録 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

久しぶりの打ち合わせで思ったこと~建具と造作家具~

打ち合わせ内容では無いので、ちょっとした読み物としてどうぞ。
興味の無い方は、スルーでお願いします^^;

4月5日(木)は、久しぶりに設計のIB氏を交えた打ち合わせでした。

現場で11時に待ち合わせ。
営業担当TDさん、現場監督HMさん、そして設計のIBさん。
3名が一斉に揃うのは本当に珍しく、打ち合わせがスムーズに行くように
前日から今までのメールやブログの中身を確認して挑みました。

現場では、二人の職人さんによって断熱工事が進められています。
20120404_108.jpg

室内にはこれから施工するグラスウールの山。
室内壁用高性能グラスウール

邪魔にならないように、打ち合わせる実際の箇所に移動しながら
話を進行しました。
20120404_114.jpg


さて、その打ち合わせの内容ですが、大変充実しておりました。
社内で連絡が行っていなかった件や、お互いに勘違いしていた件が
明白になり、本当に実施して良かった(涙

「聞いていない」発言が度々発生し、どうやらPDFに変換した際に
最初のページしか変換されずに送信されていたようだ。とか、
サニタリーのタイル指定が入れ替わっていたとか...兎に角
そういう状況だったことが分かっただけでも、大きな進歩です。

連絡や、書類は受け取った側が「○○ですね」と発信側に確認して
はじめて完了なのですが、どうも私が送ったメールにしても
返事がなさすぎる(その通りと言う場合に、了解メールが来ない)点には
社内教育に問題を感じます。
業務のホウレンソウをやり過ぎくらいに行き届かせようとしている
風潮のあるオフィスでは仕事がミス無く捗ります。
是非、そういう体制で挑んでもらいたい物です。

救われるのは、TDさんの天然さ明るさです。
各スタッフの間に入って、和やかに進行できるように努力して下さっています。
私からも時々苦言を呈しますが、それを肯定的に受け取って良い結果に
結びつけたいと言うお互いの認識は共有出来ていると思います。

それに、他社ビルダーさんの中にはメールの文字入力自体がそもそも苦手で
メールを送ると毎回電話で帰って来たり、書類を作るのに大変な時間を要する
ところも多々ありますから、北洲ハウジングはその点では及第点と言えると
思います。

ビルダーさんを選定する際の条件の一つが、私とやり取りする際に
文字入力で会話できることでしたから。

経験上、文字情報を残すことは大変重要です。
建てた時の担当者がいなくなることはざらですし、後日何かトラブルが起こっても
迅速に対処するには、元になる情報が必要だからです。

現場で互いに確認して口頭で足すことに決めた下地補強の場所や数値などは
後日模様替えする時に役立つ情報となりますし、
配線やダクトの位置もリフォーム時には壁をはつる前からどれだけ把握出来ているかで
コストも変わってきます。

又、打ち合わせ途中でも「これってどこまで決まっていましたっけ?」なんて
会話は頻繁に登場しますが、メールの文章が残っていれば、記憶を辿ることも
容易になり、後でトラブルになることを未然に防ぐことも出来ます。

という訳で、打ち合わせ大好き人間(?)な私としては、今回「今更!?」と
思った内容も最終的には詳細を互いに確認出来て、大きく軌道修正出来たと
喜んでいます。

次回の記事では、実際の施工内容や計画を具体的にレポート予定です♪
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

16 : 11 : 20 | 新築全体 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

春の嵐の後の惨状~現場確認に来ないとは~

全国的なニュースとなった春の嵐。
台風並の暴風雨で倒木や小屋倒壊の被害があちこちに発生しました。

夜中にも現場を確認に行きたい衝動と戦いつつ
不安な夜を過ごし、夜明けと共に主人が現場確認に出掛けました。

養生は予想通り激しく外れてしまって、風にたなびいていると主人からの連絡。
養生とれた1


加えて、足場が激しく揺れていて、本体につっかえ棒(?)的に留めてある
足部分に大変な負荷がかかっており、外れそうだと。。。
揺れる足場が家本体を揺さぶっている状態。
しかもまだ暴風雨は継続中。

直ぐに現場監督のHMさんに連絡をとのことでしたが、基本的に
早朝にかけてもでないし、出勤前に可哀想なので、暫く待って9時を過ぎてから連絡。

留守電でしたので様子を伝えて、予定変更してでも現場確認をお願いしたいと
メッセージを残して、私も現場に向かいました。

養生とれた2

軒下にも雨風がかなり入った様子で水溜まりが出来ています。
ここに置いてある、角材やコンパネも当然水に濡れ。。。
(´・ω・`)ショボーン

午後3時頃ようやく連絡が取れた内容は、
「今日は全員が出払っていて、誰もそちらに伺うことが出来ません」
養生も足場も大変なのに現場確認無しですか?

私「用も無いのに無理矢理来てくれとは言いません。状況は口頭で説明しましたが
明日でも大丈夫とのご判断ならそれで結構です。問題が無く計画通り建てば良いわけですし」
HMさん「そう言われると、ちょっと・・・(焦) 今日は本当にどうしようも無いんです」

そんな内部事情を言われ、施主としてはどう返事すべきなのでしょう?

そういう時に迅速に動ける体制が取れていないと言うことですね。
逆に言えば、その程度の客だと言われているのも同然。
がっかりしました。

今時、送料1000円の宅急便でもゆうパックでも、助っ人要請して
約束通り届けようとするのに、数千万円支払う買い物でこの対応とは(泣


その頃、建物内では断熱工事が行われていました。
朝はおられなかったので、気づくのが遅れました。

ご挨拶して、HMさんが電話欲しいそうです。と伝言を伝え
断熱工事の様子を黙々と撮影。
壁グラスウール

赤いのはグラスウールです。
水分検査で微妙だった壁に既にグラスウールが入っています。
床は問題(前回、養生トラブルで雨漏りにあった部分一帯が、検査で17%を余裕で越えた)
床はサーキュレーターで乾かすと連絡を受けています。
ああ心配;;

サッシや配線の隙間にはウレタンフォーム施工です。
時々、外の光が見える穴が気になりました。明日聞いてみましょう。
こういう穴って気密測定に影響しないのかしら?
ウレタンの穴
コンパネの穴


断熱工事は4日くらいかかるそう。
後は邪魔になるので会話もせず、早々に現場を後にしました。


明日は打ち合わせで現場に11時集合ですから、気分を入れ替えて
元気にでかけなくっちゃ!


FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

02 : 05 : 27 | 北洲ハウジングのこと | トラックバック:(0) | コメント:(6) | page top↑
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪