FC2ブログ

サッシやドアの納品開始

枠組みが進んで、窓とドアの納品もはじまりました。

ゲストルームドア納品

北洲ハウジングの標準ドアは、ガデリウスのスウェーデンドアでした。
我が家では、玄関ドアとしてではなく、ゲストルームの出入り口ドアとして
採用しています。

カラーはチーク色。見た目無垢材の木そのままという印象のシンプルなドアを選んでいますが
取り付けてからカラーバランスを見て、必要なら自分で色つけちゃう予定。
ステンシルも面白いでしょうね。楽しみ♪楽しみ♪

サッシも届いています。
テラスドア
テラスはフレンチドア(観音開き)でトステムのマイスターⅡ

断熱性、気密性、メンテ性、コスト、カラー、操作性etc...色々な点から吟味して
実はベストチョイスは見つけられなかったのですが、まぁいいや。とこちらに決定。

日本のサッシって、どうして遅れているのでしょうね?
業務用で探してみたら、機能面で十分でなかったり、輸入品だと木製サッシしかなかったり。
木製サッシも良いのですが、メンテが面倒なので樹脂サッシを選びました。
特に、テラスでは水掛かりになることが多くて、白い塗装の木製輸入サッシか
国産の樹脂サッシか随分悩みました。

窓類は、サーモスHです。
20120227_25.jpg

こちらは、一般的な断熱サッシのように枠がガッチリ厚みのあるものでは無くて
ガラス面積が大きくて、枠は繊細で目立ちにくいタイプ。

窓まわりのデザインは、壁が巻き込むように施工して、額縁(窓の周りの木の枠)を
とりつけないので、サッシも枠が細くて出来るだけガラスだけがはまっているように見えるのを
選んでいます。

楽しみですね♪
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


ありがとうございます♪


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

21 : 12 : 53 | 本体工事 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

本体水濡れのその後

養生からの雨漏りで、床のコンパネや柱が濡れてしまった件の
その後の様子。

翌朝、HMさんとTDさんが揃って現場を確認に来てくれました

朝の状態は、しっかり水たまりになっていて。。
水たまり

水たまり2

コンパネの継ぎ目から下にも浸みているだろうなー。
断熱パネルの間の水分って、完全に乾くのかな-?。。と
雨が上がっても気持ちはブルーなまま。

それでも、HMさんとTDさんで濡れた部分の水分を拭き取って下さったりしている間に
どんどん天気が良くなり、太陽が乾かしてくれています。
太陽乾燥

テン(山羊)にお尻をつつかれて、何とも言えない声を発したTDさん(笑
・・・うちの子がイタズラしてすみませんでした(o_ _)o

初回の水濡れは、濡れいていた時間も一日だし、量もそれほど多く無さそうだし(多分)
翌日しっかり晴れて湿度もすごく低いので、多分大丈夫かと思われます。

乾いた後のコンパネが沿ったり波打ったりしている様子もありません。


翌日の養生
は、こんな様子・・・
20120225_26.jpg

養生が外れたものの、雪だったのでセーフ。
大工さんが雪を掃きだして、問題無く出来ています。とおっしゃっていましたが
雨だったらアウトだったんじゃ(泣

完璧な養生が出来るシステムを早急に全ての現場に行き渡らせる必要があるのでは?

それでも、なんとかラッキーなことに内側はセーフの状態が続いています。
水濡れ3
水濡れ2
水濡れ1


その後も、お天気に助けられながら工事継続中。
風で捲れ上がるブルーシート
風で捲れ上がる

地面に置いたパネルの覆いもちょっと・・・
外積み合板と雪

養生に積雪したのが、溶けて流れてくるってことが無いようにも
是非注意して頂きたいです。


暗い空25日午後3時

浴室部分の基礎は水たまりになっていて、既に凍っています
20120226_6.jpg

もうじき屋根がついたら、これ乾かなくなるんじゃ?・・・

屋根がついて濡れなくなったら、現場で木材の乾燥試験を実施して下さることになっています。
「含水率の検査の件ですが、計る機械がありますのでそちらで検査します。
合板や使用している木材も乾燥材を使用しています。乾燥材は、塗れても
元の含水率まで水分を出す性質がありますので大丈夫かと思いますが、調査
を致します。」
とTDさんからメールを頂戴しました。


勿論、はじめから濡れないようにしっかり養生して確認することが大切ですが
それぞれの現場の特性もあることでしょう。
何か発生した時に、どういう対処が出来るかが大切。

そういう意味では、まだ解決したわけではありません。
東北発の優良ビルダーとして、淘汰されない「本物」の品質を実現して頂けるよう、
施主の立場からも全力を尽くして完成まで頑張りたいと思います。
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

20 : 46 : 03 | 本体工事 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

土台用金物と天窓搬入

23日の養生シートの中、他の画像も紹介です。

天窓のVELUXが納品していました。
天窓納品

天窓がたくさんつく家なので、気密がしっかりしている窓を
推薦して頂きました。
VELUXなら、実績もあるし大丈夫だろうと言うことで、なかなか上等の窓です^^
ソーラーブラインドをリモコン操作して光量を調整します。


そして、金物がこちら。
アンカーボルトと固定

基礎の立ち上がりコンクリートから生えていた、アンカーボルトと
とめつけるための金具。

アンカーボルトは、基礎パッキン、土台を貫通させて柱の横に出るように
施工されています。

これを釘でとめつけた柱と固定する金物です。
金物拡大

短期許容耐力16.8kNがどういう能力なのか私にはわかりませんが
長期間に渡りしっかりと駆体と土台を支えるための部品。ということらしいです。

アンカーボルトが出ていない部分にはこういう金物も。
こういう金物もある

下に合板の小口が見えています。
高高住宅なんて、不自然で不健康だと言う方がおられます。

ネットサーフィンしていると、「匠の技」「本物の木の家」というフレーズと共に
伝統工法で建てる家の紹介に出会います。
駆体工事で金物や合板を使わずに、大工さんが現場で接合部分を凸凹に加工した木を
組みあわせて建てる、明治以前から行われている職人の技が光る家。

京都にいた時には、建てておられる所を目にしたり、そういう建物はあちこちで
みかけましたが、こちらに来てからは殆ど出会いません。

技術力も素晴らしいですし、文化を大切にする心も大切だと思いますが、
私のようなアレルギー体質には、昔ながらの風の通る家や、出入りの大工さんが
季節に応じてひずみを直してくれるような家では、安全に暮らすことが出来ません。

木は呼吸すると言われるように、温度や湿度で形状が変化します。
しっかり乾燥させた材でも、しっかり厚みのある材でも変化するのが当たり前。
ですから、高気密、高断熱で健康かつ安全に住おうとしている我が家には
合板や集成材を使用する工法が適していると考えました。

勿論、合板の糊についてアレルギーは出ないか?防蟻処理の薬剤はどうか?
耐久性は?など色々自分なりに調べて、北洲さんにお願いすることにしました。
何度も長いやり取りに忍耐強く付き合って下さったTDさんに感謝しています。


どちらの工法が良いのか私には分かりません。
家を建てる作業には、材料や参加する施工者の技術や理解力を含めて
本当に多くの要素が絡んできます。
この工法だから大丈夫とか、あの工法だから最高の家が建つなんてことは
あり得ないと思いますし、それぞれの工法で、その時代に住み心地の良い家が建つように
研究や開発、改善に向けた努力が続けられていて、これからも続くでしょう。


京都の古い家、RCのビルの家、昭和の建て売り住宅、ヘーベルハウスに海外の家etc...
色々な家に何度も引っ越してきて、ようやく建てた自分の家で住み心地をレポートしたいと思います。

お楽しみに♪

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


ありがとうございます♪
関連記事

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

10 : 29 : 41 | 本体工事 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

2×6の雨被害

予報通り、22日夜から23日中は雨でした。

22日の帰宅前に養生をして下さいましたが、雨漏り発生です
昨夜から雨

23日の朝の様子ですが、このように全体をブルーシートでカバーして下さっています。

内側の様子はこのようにブルーの世界。

201202236.jpg


シートを重ねたところから雨が・・・

雨漏りで濡れています

見上げてみます。

雨濡れ

梁から雨が流れ続けています。
大丈夫なんでしょうか?(涙)

覆う前にしっかり乾かなければ、内側の水分が蒸発しにくい工法ですから
とても心配です。

雨漏りで濡れています2

帰宅した主人からこの様子を聞いてすぐにHMさんに
電話をしました。

シートの重ねたところから雨漏りすると現場の棟梁から朝の10時に
連絡を受けている。と。

そんなの当たり前ですよね?
雨降り時の対策がこれで万全だとは思わないのですが。

こういう時の対応で、北洲ハウジングの力量が判断されるわけですが、
明日はHMさんとTDさんさんが一緒に現場に来て下さるそうです。

放置じゃ無くてよかった・・・。


パネル工法の水濡れは、各地で問題となっていますし、多くのブロガーさんが
記事にされているのを拝見してきました。

雨に降られる前に養生して覆ってしまうのは当たり前で、
雨ざらしで施工を続けるなんて言う恥ずかしい業者さんもおられるようですが
養生したからと言って安心は出来ません。


でも、ちょっと濡れたくらいでは今時の合板は簡単に剥がれたり
ひずんだりしない(等級による)ということもわかっています。
ですから、一度濡れるよりも、数日間に渡って降ったり止んだりしながら、
長時間水分に晒される方が問題となるようです。
(記述に間違いがあれば是非ご指摘下さいね^^ 
専門家の著書やサイトを読んだ知識で記述していますが、私自身は専門家ではありませんから
誤った認識をしていることもあり得ます。)



今からの対応で不安になったり、安心したりするので
明日以降の記事でその後をご報告したいと思いますが、
依頼前の質疑応答の際のTDさんの力強い言葉を信じたいと思っています。

「雨に弱いパネル工法と言われますが、きちんと対策して施工するので大丈夫
全く心配いりません。」
普段は、柔和で、ともすれば頼りなさげな彼が、自社の工法やシステムを語る時には
とても流暢で自信を持って話して下さいます。

施主としては、窓口となる人物が会社のイメージの全て。
北洲ハウジングへの信頼=TDさんへの信頼と言っても過言では無い状態で
契約に進むわけです。


今頃は現場の雨も止んでいるでしょう。
どうせなら雪が降れば良かったのに・・・;;

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


ありがとうございます♪






関連記事

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

00 : 08 : 55 | 本体工事 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

梁が乗りました

2月19日は良いお天気でしたが、日曜日は大工さんはお休みです。
久しぶりに会津に帰宅されました。
普段は、車で40分くらいのところにある民宿(?)から現場に通っておられるそうです。

泊まりがけで大工さんがいらっしゃると言うことは、
いわき市には北洲ユーザーが少ないのでしょう。
最寄りのモデルハウスが郡山ですから、知らない方が圧倒的に多いでしょうね。
私も、鵜野さんのブログを拝見して知りました。
「いい家」の松井さんから西方さんのサイトを辿り、そして鵜野さんへ。
フォーラムに参加しておられる方のブログからリンクを辿って知るきっかけとなりました。


最近、埼玉に進出した北洲ハウジングですが、北関東より関東エリアを選択したのは
人口密度かしら?・・・口コミでユーザーの増えるハウスメーカーになることを
期待しています。

日曜日の景色♪
良い天気の休日
休日の養生

週が明けて、月曜日。
足場が組まれました!
月曜日は足場

高いところからの眺めはより一層気持ち良いです。

足場の上高い

火曜日には電気屋さんが井戸水ポンプを繋ぎに来て、水が出たー♪!
井戸水試飲

試飲中?です。

暫くは、施工時のボンドのような臭いがあるそうですが、
すぐに臭いは消えるとのことでした。
まだ水質検査していないのですが・・・^^; 私は検査してから試飲しようかな・・・

梁も搬入されました。
HMさんが、梁が長すぎて現場まで上がれないのでは?と心配していましたが
大丈夫で良かったです。
梁搬入
長い梁

ちょっと天井っぽくなってきましたね。
梁組み立て中

プレカットされて組み立てるように準備された材をどんどん乗せて
タッカー(?って言うのかしら?釘の銃みたいなの)でどんどん留めて行かれます。
施工金物の画像や、材の画像など山のように撮影はしてあるものの
ブログが追いつきません。


みるみるうちにこの形。

双子は抱っこでネムネム~^^
シャッター音で目が半眼になって、ちょっと怖いけど(笑
抱っこでねんね

明日からお天気が崩れるかも知れないと言うことで、養生をがっちりして
中で仕事を継続出来るようにします。と棟梁がおっしゃっていました。


FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪


こっちもついでにポチっとお願いします。
皆様の応援でやる気スイッチが入ります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


ありがとうございます♪

関連記事

テーマ:家を建てる - ジャンル:ライフ

01 : 24 : 49 | 本体工事 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪