FC2ブログ

基礎に積雪~大丈夫なのか?~

予報通り、クリスマスからの天気は荒れて、
26日は吹雪・・・
20111226雪の現場


20111226雪の現場2

20111226雪の現場3

生コン打設が23日でしたから、3日後に積雪=凍結ですが
大丈夫かなー?;;

コンクリートの28日強度などを考えると、打設した当日が晴れていれば
大丈夫と言われても、やっぱり心配になります。

用語解説をADS計画研究所様から引用させて頂きます。
(丁度良いページがありましたので^^;)

~引用ここから~
■用語解説
N/mm2 コンクリート強度の単位。ニュートンパー平方ミリメートルの略
    *18N/mm2とは、10cm角の柱で約18トンの重さに耐えられる強さ。

28日強度 コンクリートはすぐに強度を増すわけではなく、1年以上にわたって強度を強くしていきます。しかし、コンクリート打設後1ヶ月以上から後の強度の伸びは少ないため、コンクリート打設の28日目の強度をそのコンクリートの強度としています。

設計強度 構造上必要なコンクリートの強度で、コンクリート打設後28日目の強度が設計強度を上回っていればよい。 一般には18~21N/mm2を設計強度としている。

温度補正 コンクリートは暑ければはやく強度が出、寒ければ強度の発現が遅いために、冬季は少し強度の高いコンクリートを打設することによって、28日目の強度が確実に出るようにする補正措置。
凍結 コンクリート内の水分が凍結し、コンクリート強度が出ない事もあります。そのため、コンクリートは2℃を下回らないように養生しなければならない。

~引用ここまで~

基礎屋の社長さんが、打設後5時間くらいは2度を下回らないように
注意が必要だけれど、その後は大丈夫!問題無いですよ。と
言って下さいましたが、明日28日は朝からゼロ度を下回る可能性が大きくて
心配です。

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:家を建てる - ジャンル:ライフ

09 : 05 : 47 | 基礎工事 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

生コン打設一回目~12月22日~(2)

前回の続きです。
生コン一回目12_22_201


通常、北洲ハウジングさんでは、ベタ基礎で
コンクリート強度27Nというのが標準スペックとのこと。
*現場の条件により異なる場合があります。

27Nは、木造住宅として十分安心出来る強度です。
我が家の場合は、温度補正を入れて33Nで打設中です。

生コン一回目12_22_202


最近は各ハウスメーカーさんでもコンクリート強度を
案内資料に記載されているところが見られますが、
尋ねないと答えてくれないところも多いと思います。

一般人にとって、そもそもコンクリートに強度の差があることなんて
知らなくて当たり前
の知識だと思いますから、それを
黙っているのと、先に商品知識として案内があるのとでは
購入者にとってどちらが親切な業者なのか言うまでもありません。

生コン一回目12_22_203

さて、そのコンクリートですが、硬化する時に発熱します。
ですから、あまりに気温が低かったり(気温5度以下から注意が必要と
別のコンクリート業者さんが言ってました)ましてや
凍結する条件下では固まったコンクリートが脆くなり、
予め計画した強度が得られないという残念なことになります。

我が家の工事計画も11月中には基礎工事完了の予定だったのが、
色々遅れて今回12月に生コン打設しています。
生コン一回目12_22_205

温度対策として、補正をかける(弱くなりそうな分を見越して
強度を増したコンクリートを出せるする)ことが可能だと言うことで
「温度補正」として、6Nプラスし、33Nになりました。

現場の方曰く、「33Nで木造平屋の基礎なんて贅沢すぎる。
ここまでするなんて、凄い会社ですね」と北洲ハウジングを
褒めておられました。

勿論、私にはどう凄いのか全くわかりませんが、ネットの情報や
書籍によれば、そういう形で常に最善の結果に向けて
対策しながら施工する業者でなければ、信用してはならない。と言うことには
賛成です。

今回は、気温低下によるコンクリート強度への影響を最小限に抑え
かつ、施主に不安を残さないためにと、温度補正に加えて
現場でのコンクリートテスト(現場で打設したコンクリートの強度をテストする)
を実施して頂きます。
生コン一回目12_22_204

さて、22日に一回目の生コン打設が完了して、養生にブルーシートをかけて
終了しました。
生コン一回目12_22_206

そして翌日。

主人が「又、風邪でめくれてたりして~^^」と早朝から現場に行ってみると・・・

・・・案の定、ブルーシートは風に負けていたそうです。

が!

今回は、心配した現場の方が確認に来て下さっていました。
お天気も良いので、養生シートは外して帰ります。
ということで、第一回生コン打設が完了しました。

次回は、28日に第二回生コン予定です。
二回目で、基礎の立ち上がりです。

この基礎の幅は150mmとのことで、最近は150mmが多いようです。
(未だに120mmのビルダーさんも見受けられますが、ネットや書籍で
情報が豊かになり、施主から色々言われるので150mmが主流になったと
別のハウスメーカーさんにがおっしゃっていました)

基礎幅の説明をすると、話が長くなるので割愛しますが
芯になる鉄筋に対して安心出来る厚みを持たせるためには
木造住宅で150mmは理想的な幅。ということだそうです。

次回は、配線図面について書きたいと思います。

どなたかの参考になっていれば幸いです^^

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪
関連記事

テーマ:家を建てる - ジャンル:ライフ

16 : 20 : 23 | 基礎工事 | トラックバック:(0) | コメント:(3) | page top↑

生コン打設一回目~12月22日~

今日からお天気が荒れるという予報で、ドキドキでしたが
曇り空の中、何とか無事に朝からの作業が進んでいます。

生コン一回目12_22_3

生コン一回目12_22_8

皆さんが作業を続ける中、少し外れた麓では、主人も作業中でした。
本日は烏骨鶏のお部屋制作中!
生コン一回目12_22_2

怪我のことなど、もうすっかり忘れた模様・・・

現場周辺では、何台かのミキサー車が往復中です。
生コン一回目12_22_13

色々と工夫して、立地の悪い現場で作業して下さっています。

持って上がった生コンは、ポンプ車(?)に移し替えられて
高~いところからつり下げたホースで、基礎の鉄筋に注入されます。
生コン一回目12_22_104
生コン一回目12_22_75

直径15センチくらい(?)のホースからボタボタって感じで
生コンが落とされると、バイブレーターで生コンの隙間が出来ないように
隅々まで行き渡らせます。
パウンドケーキを焼く時みたいですね。
そして、表面を均すのは、ナッペ(ケーキにクリームを塗る作業)みたい。

バイブレーターには種類があるそうですが、この棒状のものだと
より隙間無く丁寧な施工が出来るのだとか。

施主が見学に来ても、穏やかに説明して下さいます。
邪魔しないようにしなくっちゃ。

生コン一回目12_22_22
表面を均す作業は、練習が必要だそうです。
多分、私の得意分野・・・強アルカリの中で作業するというのが
私にはハードルが高いです。

生コン一回目12_22_82
生コン一回目12_22_83

先ずはここまで。
次回はこの続きです^^
FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪
関連記事

テーマ:建築 - ジャンル:ライフ

12 : 04 : 51 | 基礎工事 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

データロガー設置

現場にデータロガーを設置してきました。
データロガー12_20_24

標高650mの現場ですから、上がってくると温度が下がります。
海岸の近くから比べると7度くらい低いかな。

でーたろがー12_20_46

今後の生活にとっても、基礎のコンクリートにとっても
気温を知ることは大切ですから、きちんと計測してくれるものを
選びました。


ティアンドディさんの「おんどとりease」と言います。
結構有名な、おんどとりシリーズの中では、一番デザインが使い易いです。
特に家庭で使う場合には、デザインは大切。

ちょっと作りがちゃっちい(?)気がしないでも無いですが
見やすくて、操作も簡単♪
これがどれくらい正確かつ長持ちするのかは、これからです。


防水では無いので、現場のボックス内に設置しています。
データロガー12_20_48

ボックスの外と中では、温度が多少違うと思われますが
後日、改善するとして、先ずは深夜から早朝の冷え込み具合を
確認したいと思います。
データロガー12_20_49

温度と湿度を15分間隔で記録して、
後でパソコンに吸い上げる設定にしてあります。


しっかり働いてもらわなくっちゃ☆

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪

関連記事

テーマ:家を建てる - ジャンル:ライフ

00 : 45 : 14 | 基礎工事 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

12月20日配筋完成

12月20日(火)に、基礎の配筋が完成して
検査が実施されました。

配筋12_20_3

正確に碁盤の目に組まれていて、針金で縛ってあります。
素人が見ても、あまりよく分からないというのが本音ですが・・・

平屋なので、結構大変だとおっしゃっています。

配筋12_20_6

検査では組み終わった基礎用の鉄筋が正しく組まれているか、
問題は無いか、北洲の担当さんが確認するというものです。

検査の報告とかは、特に無いのかなー?
残念。

画像は、完成間近の配筋の様子。
配筋12_20_7

撮影はすっかり足が治ったと言い張る(?)パパ。

配筋12_20_9

私は、北海道の息子の学校に三者面談に出掛けていましたので
撮影をお願いしておきました。

配筋12_20_10

22日には、ここに生コンが投入されます。
そう、ブログをアップしている、今日がその日でした^^
明日は続けて22日の様子をアップします~♪

FC2ブログランキング参加中。クリック感謝します♪
関連記事

テーマ:家を建てる - ジャンル:ライフ

00 : 17 : 48 | 基礎工事 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪