FC2ブログ

北洲の床材~無垢三層フロアとINOVAフロア

床材で住み心地は変わるか?

答えはイエス!

色々検討した結果、床材は全て北洲ハウジングさんのものを
採用することにしました。

経緯と理由をまとめておきます
(床材に興味が無い人は読み飛ばして下さいね^^;)



無垢コルクタイル、無垢フローリング蜜蝋仕上げ、無垢ステイン仕上げ、
よくある合板の国産フローリング、コンクリート打ちっ放し床、本畳、
大理石床、タイル床、カーペット敷き込み、Pタイル・・・色々試してきました。

床材イメージ画像 



かいどまりの体質は、重度のアレルギー。
自然素材にも化学物質にも金属や熱にも、色々反応する困った体質です。

一番困るのは「本畳
座るだけで足が真っ赤!湿疹も出ますし、くしゃみも。

特に農薬なのか、畳を作っている環境なのか、新畳には要注意です。
(私の体質の場合。ということですから、アレルギーが無い方には快適かと)


そして、次に困るのが、目地のある合板のフローリング。
目地の間に入り込んだアレルゲンや、合板が吸湿して中でカビたりして大変!


こたつに入って足が真っ赤に腫れ上がったり、呼吸が苦しくなったりと
色々体験してきたからこそ、床材は慎重に選びました。


結果的に今日の記事は・・・
北洲の親戚!?って思われかねない^^;
 
関係者でも何でも無いです。
TD氏がご覧になったら喜んで下さることでしょう(笑



床って家の中で一番触る場所ですから。
住み心地を考えるときに、重要項目の上位に位置します。


姫たちは、コンクリートよりマットレス床が心地良いらしい・・・
hime_daydream.jpg 

大型ゴミに出すマットの上でぐっすり(笑


さて。北洲さんの床材の話でした。


元々建材会社だったという北洲の床材
選択肢は大きく分けて無垢三層フロアとINOVAフロア。
カラーバリエが用意されています。

北洲ハウジングに決めた一つの理由が、床材でした。

大抵のビルダーさんは希望すれば、どんな床材だって入れられます。
何を推奨しているかが大事です。

健康住宅をうたっていても、標準仕様が合板フローリングで
詳細を説明出来ない接着剤を使う施工だったり。
言わなければ床材の選択肢を提示してくれなかったり。
・・・これでは、心配になるというものです。


構造、基礎、工法で特徴をアピールするのは今時は当たり前。
昭和の家と比較して性能自慢されたりしたら、がっかりです。

構造同様に、窓や床、内装建具をアピール出来るかどうか。
そのビルダーさんの姿勢やセンスがよく現れる部分だと思います。

北洲ハウジングでは、床だけで無く、全体的にバランス良く
住み心地を考えたアイテムが紹介されていました。
(勿論、私的には好きじゃ無いものだってあります。あくまでも
客観的に見てよく考えられていると言う意味です)


予算の都合にあわせ、玄関やリビングにはお金をかけて
2階の子供部屋は安い素材って言うプランは構多いです。

この場合、安い素材の部分にどういうアピールポイントがあるのか
その説明内容を判断基準の一つとしました。

子供部屋と寝室こそ、家の中で一番長く過ごす場所。
一番素材に気を使いたい場所です。(かいどまり宅の場合)


営業のTD氏は、三層無垢ばかりを自慢げに話すと言うこともなくて
どちらも性能重視のよく考えられた素材だと言う点だけを、
簡潔に説明した所が好印象でした。

企業のシステムが良くても、窓口がスカタンでは機能しませんからね


我が家の場合、3種類をエリアに応じて使い分けることにしました。


先ず最初に選んだのは、無垢材を使った三層フロア
その木目の上品な表情からウォルナットを選択。

素足の歩行感も上々で、とても気に入りました
無垢フローリングと言っても、無塗装ではありません。
表面の素材により、塗ってあるものが異なりますが、ウォルナットは
UVオイル仕上げ
お手入れも簡単で我が家向きだと思います。


かいどまり宅では、アレルギー対策として目地禁止
今までの暮らしの中では、目地を避けられなかった部分のお掃除を
いつも大量の綿棒や布と箸を手に、床に這って目地掃除をしてきました。

目地無しは、お掃除が楽ちん♪なんです。
少しでも薬の量を減らすには、埃やカビをどれだけ簡単に
迅速に取り去るかが重要。
(そんな体質で、どうして田舎に移住しようと思ったの?と
突っ込まれることにも慣れました。


どちらのフローリングも目地無しをデフォで採用しておられることで
採用候補に急上昇したと言うわけです。

三層という点も重要で、詳細はリンク先で確認して頂けますが
単純に無垢材から切り出した分厚い木材ではありません。
無垢の木そのままでは、反ったり隙間が空いたりします。
無垢の床の隙間 
これが生きている証拠!って自慢される方の気持ちはわかります。
でも、床はフラットが良いし、隙間に埃が入るのは駄目な体質なのです。


三層無垢の選択は、北洲さんがしっかりと住み心地を考えた結果!
と感心しています

ベッドルームにも採用しています。
床を踏むのはベッドに入るときと朝起きるときだけですが
この2度の素足の感触って、眠りと目覚めには大切だと思います。
足下に何か敷けば、INOVAでも良かったかもですが・・・


三層フロアは、傷がついたり飽きた時には、表面の厚みを生かして
DIYで塗装を楽しむことも出来ますね。
うんと先の話になるでしょうけれど・・・模様描いちゃおう



次にINOVAフロア

本ブログでは何度も出てくる名称ですが、無垢材のフローリングが
脚光を浴びる中、何でも本物なら良いかと言うとそう簡単でも無く。

アレルギー体質が住まう家には、適材適所がとっても大事です。

化学物質を全く含まない無垢材だって、カビも生えるし、埃も溜ります。
すると発作が起きて、アレルギーの症状が重くなります。
(アレルギー体質は、アレルゲンを吸い込むほどに重篤化する)

だから、水回りは特に慎重に。
十分注意して採用しないと、知らない間に家族のアレルギーを重くする可能性があるからです。

かいどまり宅には、お掃除大好きさんがいません
ちょっとでも楽に掃除したい。
そういう訳で、水回りとアトリエ、ランドリールームには
当初、リノリウムを希望していました。
吸い込むとテンションの高い声になる、例の気体のことではありません。


これ、素材特有の臭いをのぞけば秀逸な床材です。
昔の病院の廊下のイメージですが、その後Pタイルがとって代わったようです。

設計事務所、工務店、ハウスメーカーと数十人と話しましたが
リノリウムを普通に理解して採用に前向きな方はゼロでした;;
中には「それ何ですか?」なところもあって驚きました。

京都市内と都内では普通に理解されていたのになー・・・残念。
こちらの方では需要があまり無いのかもです。

今でも一番採用したいのはリノリウムですが、
エリア的な理解の問題(?)からか、誰もが積極的では無い場合、
施工と価格でトラブルになる可能性が高いと判断して断念しました。

( 'ノω')コッソリ・・これから建てる方でビルダーさんが採用して下さるなら
絶対おすすめです。リノリウム。


数年前から絶対採用したいっ!って決めていた
リノリウムを止めてのINOVAフロアです

最初は、安物の人工的なフローリング。って思って
あまり関心も示さなかったのですが(ごめんなさい)
最近のフローリングって進化していたのですね!
知らなかったー!!

先ず、目地無しは当然

基材はHDF(広葉樹の繊維を圧縮。850k/m3以上!)です。
特殊なサネ形状で釘や接着剤を使わず置き敷き施工

表面は、プリントのメラミンに酸化アルミコート仕上
重歩行対応
(=とっても丈夫で長持ちってこと)です!


IKEAの床材にも使われる
程の堅牢性で
病院や介護施設でよく採用
されているようです。

それなのに、凄いお手頃価格!


ですがこれ、素足で歩いても、気持ちよくは無いです。
堅いし、冷たい。
子供が小さければ、無垢コルクを採用する所ですが、
大人が使うので、今回は堅牢性と耐久性を重視しました。
先の三層無垢よりも、こっちの方が水には強いとのこと。

柄や色はフェイク(この言い方マズイだろうか?)だけあって
木目や大理石調が色々揃っています。

かいどまり宅では、大理石模様をチョイス。

大理石の床のように硬くないので、落として直ぐ割れるとか
水がかかって凄く滑るとか、そういう心配はありません。

石の表情は好きですが、床材としてはフェイクの方が実用的です。
水に濡れても滑って転びにくい優れモノ☆
ローマ時代のアウグストだって、INOVAを知っていれば採用したことでしょう(笑
(いや、それならリノリウムだろうなー。INOVAを褒めすぎでした


"耐水性世界一のフローリング"と、本家のサイトでは豪語していらっしゃいます。
・・・ほんまかいな^^;?
水を使うキッチン、サニタリー、アトリエにも採用しています。

弱点は、やはり本物では無いプリントとしての見た目の限界と肌触り。
でも、床からは目が遠いから美しく見えます(笑

室内履きには履き心地の良いものを選ぶとしましょう。

木目柄が圧倒的な人気らしいですが、今回の我が家のチョイス、
清潔感は抜群。良い雰囲気に仕上がったと思います。
三層無垢とINOVAを床面で切り替えると、どうしても安っぽく見えるのが
石模様なら回避できるというわけです^^v


後は・・・
北洲ハウジングの湿度調整が可能な家だからこその選択だとも言えます。

高高住宅は今時当たり前のようですが、換気は第三種が多いと感じています。
密閉しておいて、あちこちから外気をそのまま取り入れるなんて。
湿度の高い日本では矛盾していると、私は思っており、換気システムの書籍や
メーカーへの問い合わせで最終的に選んだのが、ダイキンベンティエールでした。

実際、今回のモデルハウス巡り@日立~郡山界隈では、換気システムで
第一種を推奨していたのは3社だけ。
3種で外気を取り入れて、湿度が上がるとINOVAだと不快だと思う(と言うのは
私だけかもですが。)
高高住宅は、第一種全熱交換にして、ダクトから各部屋に送る空気のきれいさ
(=ダクト内の汚れ)をいかにクリーンに保つかで、性能を発揮すると考えています。

従いまして、第一種全熱交換の換気システムで外気を希望する状態で室内に送る。
花粉や野外の空気汚染物質を取り除き、温度や湿度も好ましい状態にしてから
部屋に送ることで、INOVAのような素材も快適に暮らしに寄り添ってくれると
期待しているわけです。


施工してから、やっぱり最初の希望の、リノリウムにすべきだった><
となるのか、イノヴァにして良かった~となるのかは、これからのお楽しみです。


た・の・し・みぃ~♪

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

10 : 17 : 43 | 新築全体 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

地盤調査の前に再測量

先日の「土盛りの上に家-!?」な会話の後、

13日(木)に二度目の地盤調査に来て頂くことになりました。

台風と豪雨の後、土盛りの部分がバックリ地割れしています

台風で地割れ 

今回の地盤調査は、前回のようなざっくり調査では無く
こまかに調べて頂いて土盛り部分を避けて基礎を打つ計画です。

住宅地と違って、山を自分たちで削って造成していますから
ちょっと普通の流れとは違うと思います。


再地盤調査に先駆けて、再測量に来て下さいました。

全く道も無い状態の藪と山林だった状態から、ビルダーさんを
探し始めたのがちょうど一年前。

この仕事、受けて良かった!って思って頂ける、
住み心地抜群の良い家にしたいです!!



初回よりも造成した土地が広がって、電柱が立ち、
井戸を掘削したので、今回は測量しやすいでしょう?と・・・
声をかけられない理由が、我が家の姫達です。

測量しようと屈んだら・・・
クウ走る 

走ってきて、お尻をクンクン。
邪魔しちゃってごめんなさい


流石に犬が嫌いな方がおられる時にはリードに繋ぎますが
皆さんかまって下さるので、姫達は毎回大喜びです。

プリ姫まどろむ 

私有地なら、ノーリードで自由に遊べます。
良かったね



ユンボとクローラーダンプに乗って、パパは毎日頑張ってきましたが
ここから先は、オペレーターさんを雇用して家を建てやすいように
造成のお手伝いをして頂きます。



その間、パパは家の造成からは離れて田んぼ再生工事。

こ~んな藪だったのが・・・
藪だった頃 


こ~んなに綺麗に刈られました。↓
2011田んぼ秋 

刈り払い機にも慣れたものです。
もはや、誰が見てもフレンチレストランのシェフには見えません(笑
たった一人で黙々と土木工事を進めています。
もの凄いパワーです

ここも、後日、土と作物の放射線検査をします。

この辺りよりも空間線量の高い集落で、お米からND(検出されない)
結果が出たので、多分大丈夫とは思いますが、出荷するなら
自腹で検査
これからの常識になると思います。


2011田んぼ池 

この田んぼ池に、春から鴨たちが泳ぐかなー?

移住の目的は「美味しい肉」ですもの♪

関連記事

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

03 : 01 : 20 | 土地のこと | トラックバック:(0) | コメント:(9) | page top↑
| ホーム |

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
打ち合わせ記録 (10)
新築全体 (89)
土地のこと (11)
基礎工事 (19)
設備工事 (13)
本体工事 (30)
照明計画、配線 (2)
間取り (3)
キッチン (14)
サニタリー (5)
ランドリー (1)
インテリア (19)
収納 (3)
北洲ハウジングのこと (6)
工法など (2)
ファーム (14)
原発事故の影響 (2)
雑談 (8)

最新記事

最新コメント

プロフィール

かいどまり

Author:かいどまり
京都のど真ん中から、森の暮らしを目指して三年半。
オーガニック農場でパパは動物を育て、ママはアトリエで写本研究。

ようやく出会ったいわき市の土地で建築を計画した春。。。
震災に会い、原発事故発生。
ようやく計画を再開して、再出発です!

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


北洲ハウジング  バーニングレッドの屋根

このブログ内を検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

ランキング参加中。

クリック感謝です♪